紫外線対策

夏に乾燥がひどい!肌が乾燥する原因と保湿重視のスキンケア法

投稿日:

高温多湿になる土地の多い日本の夏。

しかしそんな湿度高めな夏なのに
「なぜかお肌が乾燥してしまう!」
と悩む人は案外多いものです。

夏に乾燥する原因は何なのか。

夏に起こりがちな肌の乾燥の原因と、スキンケアでしっかり保湿する方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

夏に乾燥がひどい!

夏に乾燥がひどい、という場合、まず考えられるのが「エアコン」です。

暑い夏に冷房なしで過ごすのは難しいもの。
たとえクーラーが苦手でも、オフィスやお店に入るとガンガンに冷房が入っていることも多いですよね。

避けられない夏のエアコンの影響。
それは「乾燥」などの「肌トラブル」の原因にもなりかねません。

外が蒸し暑くても、室内で冷房をかけるとジメジメした空気も快適になるはず。

空気中の水分量は、温度によって変化します。

温度が上がると、空気中の水分量は増える
温度が下がると、空気中の水分量は減る

夏が多湿になり、冬が乾燥するのはそのためです。

エアコンで「冷房」をかけて室内の気温を下げると、空気中の水分量が減るため、当然空気は乾燥しがちになります。
エアコンのホースから出てくる水を見ると、あれだけの水分を空気中に含まれていたんだな、と思いますよね。

このように夏の冷房では、どうしても室内は乾燥しがちになります。

乾燥した室内で過ごしていると、お肌も乾燥しがちになるのです。

夏の肌が乾燥する原因

夏の肌が乾燥する原因は、エアコンのせいだけではありません。

・紫外線の影響
・外気温とエアコンのかかった室内の温度の気温差
・スキンケア不足

【紫外線の影響】
紫外線を浴びることによって肌の乾燥は進みます。
日焼けなどすればなおさら、肌は炎症を起こして熱を持ち、肌の水分が失われがちに。

【外気温とエアコンのかかった室内の温度の気温差】
外気温と、冷房をつけた室内の気温差が、体への負担になるのはよく知られていると思います。
この気温差による負担は、体だけでなく「肌」にとっても好ましくはないこと。

気温差により「体温調整」がうまく機能しなくなったりすると、抵抗力が落ち、体の健康のバランスも失いがちになります。
するとお肌のバランスにも影響を受けてしまいます。

肌のバランスが乱れると、肌のバリア機能も低下し、乾燥しがちになるのです。

【スキンケア不足】
夏は汗をかきやすいので、肌表面は汗でしっとりしているように見えます。
しかし肌の内部では乾燥が進み、いわゆる「インナードライ」と呼ばれる、皮膚内部が乾燥した状態になってしまっていることも。

なんとなく夏は「肌表面がしっとりしているから」とか、「すぐにベタベタしちゃうから」などという理由でスキンケアをしっかりしないケースもよく見られます。

でも実はインナードライ肌で、今こそ「保湿」が重要なのに、そこをケアしてあげないままだと乾燥はさらに進んでしまいかねません。

スポンサーリンク

夏のスキンケアと保湿

夏のスキンケアは保湿が命。

「べたつくのが嫌だから夏は化粧水だけ」
「化粧水は少量でもいい」

などというのはお肌のためにはおススメできません。

夏のスキンケアこそ保湿重視で。

・化粧水はたっぷりつける
・乳液やクリームでふたをする
・紫外線対策をしっかりと
・保湿力の高い下地やファンデーションを使用する
・あぶら取り紙は使わない

【化粧水はたっぷりつける】
夏こそ化粧水をたっぷりと。
汗をかいて気持ち悪いのなら、肌を冷やしたタオルなどでクールダウンさせてから、化粧水をつけましょう。

1回でつけようとすると化粧水が垂れてしまうので、2回に分けてつけると浸透しやすいように思います。

【乳液やクリームでふたをする】
化粧水のあとは乳液やクリームでふたをして、お肌に水分を閉じ込めましょう。
べたつくのが苦手な人は、オールインワンタイプで保湿するのも。

【紫外線対策をしっかりと】
紫外線対策として日焼け止めは必須。
日焼け止めも自分に合ったものを見つけておくと良いですね。

もちろん、塗った日焼け止めをしっかり落とすのも重要です。
乾燥しがちな人は敏感肌なタイプが多いので、肌の負担にならないような日焼け止めを選ぶことも大切ですね。

【保湿力の高い下地やファンデーションを使用する】
下地やファンデーションには保湿力の高いものを選びます。
お肌のためにはまず「保湿」が第一です。

【あぶら取り紙は使わない】
テカりが気になる季節ではありますが、乾燥肌の人はあぶら取り紙を使わないほうが良いでしょう。

あぶら取り紙はメイクにあまり影響なく「皮脂」を吸い取ってくれる優秀アイテム。
ですが乾燥肌の人は皮脂を取りすぎてしまい、さらに乾燥が進む恐れもあります。

乾燥肌の人が皮脂が気になる場合は、あぶら取り紙ではなくティッシュで優しく押さえるようにして、余分な皮脂だけを取るようにしましょう。

まとめ

夏に乾燥がひどいときは、エアコンで急激に肌や体を冷やさないように気をつけたいものですね。

工夫して、急激な温度差による肌への負担を軽減させましょう。
帰宅すると家が暑い!部屋の熱を逃がす効率的な方法と暑さ対策

そしてスキンケアをしっかり行い、保湿をたっぷりと。

乾燥しがちな夏のお肌を、紫外線や冷房から守りましょう!

スポンサーリンク

-紫外線対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

紫外線対策のためのサングラスの選び方 効果のある色は?

強い紫外線は目にダメージを与えることもあります。 そのため紫外線対策として、サングラスをかける方も多いことでしょう。 でもサングラスもたくさん種類があって、一体どれを選べば紫外線対策として効果があるの …

紫外線に日傘はいつから?UV対策を始める時期と注意すべき時間帯は?

紫外線が気になる季節。 日射しが強くなりつつあるこの季節は、シミやソバカスなどお肌にダメージを受けやすい時期でもあります。 そろそろUVケアをしないといけないかな、となんとなく思ってはいても、本格的に …

日焼けで顔につっぱりが!うっかり日焼けの応急処置とお手入れ方法

日焼けをする気がなくても、真夏に屋外へ出ていると日射しからは逃れられません。 うっかりひどい日焼けをしてしまった!なんてこともありますよね。 たかが日焼け、などと甘く見てはいけません。 皮膚がつっぱる …

紫外線アレルギーの症状ってどんな感じ?治療はできる?対策はどうする?

日光に当たると肌がヒリヒリ。 赤くなってぶつぶつができる。 「海や山で真夏の強い日差しを浴びて」というなら分かりますが、日常生活でちょっとお日さまの下を歩いただけで、このような症状がお肌に出るのであれ …

紫外線の肌への影響 紫外線UVAとUVBはお肌にどうダメージを与えるか

紫外線が肌に悪影響をもたらすことは、よく知られている事実です。 しかし一言で「紫外線」といっても、波長の長短で種類があります。 日焼け止めなどでよく見かける「UVA」や「UVB」がそれです。 波長が違 …

最近のコメント