紫外線対策 虫除け対策

日焼け止めと虫除けの順番は?一緒に塗ってもOK?正しい塗り方はこれだ

投稿日:2018年2月7日 更新日:

ジリジリと照り付ける太陽からお肌を守るために、日焼け止めは必須です。

同時に蚊が多い季節ですから、虫除け対策もしっかりしていきたいところ。

でもここで疑問が。
日焼け止めと虫除けって、一緒に塗っても大丈夫なのでしょうか?

日焼け止めと虫除けを併用する場合の塗り方を、ご紹介します。

スポンサーリンク
  

日焼け止めと虫除けの順番って?

日焼け止めと虫除けの順番には迷いますよね。

そもそも同時につけて良いものなのか、疑問に思います。
絶対に誰が塗っても大丈夫だとはいえませんが、よほどお肌が弱いのではない限り、日焼け止めと虫除けを一緒に塗るのはそれほど問題はないとされています。

顔に虫除けを塗るのもOK。
ただし粘膜系の、目や口の周りには塗らないようにしましょう。

エアゾールタイプのものを顔に吹きかけるのもNG。
直接顔に吹き付けるのではなく、手につけてから顔に馴染ませてくださいね。

順序としては基本的に
日焼け止め → 虫除け
で塗るのをおすすめします。

日焼け止めは、肌に紫外線を反射あるいは吸収する【膜】を作ります。

塗ってお肌に膜を張るので、特にこの順番でなければならないということは、実はありません。
しかし虫除けを同時に塗る場合、その効果をしっかり発揮させるためには、塗る順番が重要になります。

虫除けは「虫が嫌う香り」などの成分を揮発させることで、虫を近づけないようにしています。

なのでもし「虫除け → 日焼け止め」の順序で塗ってしまうと、虫除けの成分を日焼け止めで蓋をしてしまうような形になってしまうのです。

日焼け止めと虫除けを併用する際、虫除けの成分を効果的に発揮させるには、日焼け止めを先に塗って、最後に虫除けを塗るようにしてください。

お化粧を加えるときも同じです。
日焼け止め → メイク → 虫よけの順で塗りましょう。

また、塗り薬や軟膏を塗る場合は、薬の成分を皮膚に浸透させるのが先なので
塗り薬 → 日焼け止め → 虫除け
で塗るようにします。

虫除けと日焼け止めはシートタイプならどちらが先?

虫除けと日焼け止めにはシートタイプのものもあります。

シートタイプの虫除けや日焼け止めを使用する場合は、また少し状況が変わってきますのでご注意ください。

シートタイプは結果としてお肌を拭うようになってしまいますので、先に塗ったものを拭き取ってしまうことになります。
するとせっかく塗った成分が拭き取られてなくなってしまいます。

虫除けがシートタイプであれば、その前に塗った日焼け止め成分を消してしまうということです。

シートタイプのものを使うときは、それを念頭に置いておいてくださいね。

そもそも虫除けは、虫がたくさんいそうな場所に出かけるとか、必要があって塗るもの。
虫除けの持続時間もありますから、必要なときにはじめて塗るような形で良いかと思います。

虫除け効果のある日焼け止め

虫除け効果のある日焼け止めもあるのです。

一塗りで日焼け止めと虫除けの両方ができますので、持っていると使えるアイテムですよね。

一部、ご紹介します。

顔などのお肌に直接塗るものですから、やはり子どもでも安心な、低刺激なものを選びたいものですね。

まとめ

日焼け止めも虫除けも両方同時に使いたいときは、塗る順番に注意したいですね。

子どもたちなどは特に、日射しや虫からしっかり守ってあげたいもの。

しっかり紫外線ケアと虫除け対策をして、日焼けや虫刺されなどのお肌トラブルから身を守りましょう。

スポンサーリンク

-紫外線対策, 虫除け対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蟻退治を家の中にあるもので 駆除方法と室内で巣を作ったときの対処法

蟻退治をするには専用の薬剤がなければ無理? いえいえ、そんなことはありません。 もちろん程度にもよりますが、蟻退治は手持ちのアイテムで退治することは可能です。 家の中にあるもので、パパっと蟻退治をして …

家に蟻が入ってくる!なぜアリが侵入するのか 原因と退治方法

家の中にやたらと蟻を見かける。 家の中で蟻が行列を作っている。 なぜか家の中に入ってくる蟻は、不快なものですよね。 アリが家に侵入する原因と、退治方法をまとめました。 スポンサーリンク

紫外線に日傘はいつから?UV対策を始める時期と注意すべき時間帯は?

紫外線が気になる季節。 日射しが強くなりつつあるこの季節は、シミやソバカスなどお肌にダメージを受けやすい時期でもあります。 そろそろUVケアをしないといけないかな、となんとなく思ってはいても、本格的に …

夏に乾燥がひどい!肌が乾燥する原因と保湿重視のスキンケア法

高温多湿になる土地の多い日本の夏。 しかしそんな湿度高めな夏なのに 「なぜかお肌が乾燥してしまう!」 と悩む人は案外多いものです。 夏に乾燥する原因は何なのか。 夏に起こりがちな肌の乾燥の原因と、スキ …

日焼けの肌への影響は?光老化からお肌を守るためにはなにをすべきか

日射しをたっぷりと浴びると日焼けをしますが、紫外線の影響はお肌を黒くするだけではありません。 「光老化」という言葉をご存じですか? 実は老化の原因はその8割ほどは「光老化」だといわれています。 つまり …

最近のコメント