紫外線対策

紫外線アレルギーの症状ってどんな感じ?治療はできる?対策はどうする?

投稿日:2018年2月18日 更新日:

日光に当たると肌がヒリヒリ。
赤くなってぶつぶつができる。

「海や山で真夏の強い日差しを浴びて」というなら分かりますが、日常生活でちょっとお日さまの下を歩いただけで、このような症状がお肌に出るのであれば要注意。

それは紫外線によるアレルギー症状なのかもしれません。

スポンサーリンク
  

紫外線アレルギーの症状ってどんな感じ?

紫外線アレルギーの症状はどんなふうなのでしょうか。

一口で「紫外線アレルギー」と言っても、日光によって引き起こされるいわゆる「光線過敏症」には様々な原因があります。

それゆえ症状も様々ではありますが、多くの場合は

● 皮膚が赤みを帯びる
● 水泡
● ぶつぶつができる
● じんましん
● かぶれ

などといったかゆみがあるものが多いです。
場合によっては、痛みを伴うものも。

紫外線アレルギーの方が大変なのは、上記の皮膚症状が、普通であれば何の問題もないレベルの日射しを浴びただけで出てきてしまうということですよね。

光線過敏症の原因や種類はたくさんあります。

ただ、子どものときはまったくなんでもなかったのに、大人になって急に日光アレルギーの症状が出たという場合、まず考えられるのは次の3つではないでしょうか。

青年期以降に発症することの多い光線過敏症

□ 多形日光疹

強い日差しを浴びた半日後に、皮膚に赤くて小さなかゆみのあるブツブツが出てくる、遅延型のアレルギー。
10~40代の女性に多い。

いわゆる「紫外線アレルギー」とはこれのこと。

多形日光疹は発症しても、多くの場合は1週間程度で自然に回復してくる。

治りが遅い場合はステロイドを使用。

日焼け止めを塗ることで予防できる。

□ 日光じんましん

日光を浴びてすぐ(5~10分ほど)に、赤く痒くなる。
ひどいとミミズ腫れのようになることも。

原因は可視光線が主。
そのため紫外線をカットするようにできている日焼け止めでは、予防できない。

ただ、屋内に入るなど日光を避ければ、症状は治まる。

□ 薬剤性光線過敏症

飲み薬や張り薬が原因で発症する。
一部の降圧剤やシップ薬などで、発症が確認されている。

スポンサーリンク

薬を使用したあとに日光を浴びると、顔や首回りなどに日焼けのような症状が出る。

「そんなに日を浴びたつもりはないのに、なんだかすぐに焼けたな」などと思ったら要注意。
この薬剤性光線過敏症を発症しているかもしれない。

湿布薬は症状がひどいと、貼った部分に赤みや腫れ、水ぶくれなどが出る恐れも。

光線過敏症とは、日光を浴びることにより皮膚に何らかのアレルゲンが生じ、それに対してのアレルギー反応を起こしている状態をいいます。

つまり、原因は日光であっても、日光そのものがアレルゲンだということではないのですね。

紫外線アレルギーは治療できるの?

紫外線アレルギーは治療できるのでしょうか。

ここでいう紫外線アレルギーとは「多形日光疹」です。

腫れ・赤み・ブツブツ・かゆみなどの皮膚症状は、2~3日もすれば自然に引いていくことが多いです。
長引くようであれば、ステロイドの塗り薬での治療となるでしょう。

必ずとは言えないものの、耐性ができる場合もあるようです。

薬剤性光線過敏症であれば、使用している薬剤を変えてもらうしかありません。

ただし薬剤はやめたあとも体内にしばらく残っています。
3カ月程度は直射日光を浴びるのは控えたほうが良いですね。

紫外線アレルギー対策はしっかりと!

紫外線アレルギー対策は、やはり日光をうまく避けられるかどうかにかかっています。

長袖の服を着るのは当然ですが、UVカットの機能がなければ、あまり効果は期待できません。

日焼け止めも正しくしっかりと塗りましょう。
日焼け止めを塗っても焼ける?正しい日焼け対策を始めよう

目からも紫外線は入って来ます。
UVカット率の高いサングラスでガードすると尚良いですね。

なかなか難しいかもしれませんが、最も確実なのは日中の外出を控えること。

日射しの厳しい真夏だけでも、極力外出は控えるようにしたいものですね。

まとめ

いかがでしたか?

ご自分の症状に当てはまりそうなものがあったでしょうか。

ただし「これかな」と思ったとしても、自己判断は危険です。

なんでもそうですが、病気などを疑ったら、すぐに病院で診てもらうことをおすすめします。
日光過敏症といってもたくさんの種類や原因があると言いましたが、中には重大な病気が隠れていることもあります。

専門医にきちんと診断してもらい、その上で治療を受けてくださいね。

スポンサーリンク

-紫外線対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日焼け止めと虫除けの順番は?一緒に塗ってもOK?正しい塗り方はこれだ

ジリジリと照り付ける太陽からお肌を守るために、日焼け止めは必須です。 同時に蚊が多い季節ですから、虫除け対策もしっかりしていきたいところ。 でもここで疑問が。 日焼け止めと虫除けって、一緒に塗っても大 …

日焼けの肌への影響は?光老化からお肌を守るためにはなにをすべきか

日射しをたっぷりと浴びると日焼けをしますが、紫外線の影響はお肌を黒くするだけではありません。 「光老化」という言葉をご存じですか? 実は老化の原因はその8割ほどは「光老化」だといわれています。 つまり …

紫外線の肌への影響 紫外線UVAとUVBはお肌にどうダメージを与えるか

紫外線が肌に悪影響をもたらすことは、よく知られている事実です。 しかし一言で「紫外線」といっても、波長の長短で種類があります。 日焼け止めなどでよく見かける「UVA」や「UVB」がそれです。 波長が違 …

夏に乾燥がひどい!肌が乾燥する原因と保湿重視のスキンケア法

高温多湿になる土地の多い日本の夏。 しかしそんな湿度高めな夏なのに 「なぜかお肌が乾燥してしまう!」 と悩む人は案外多いものです。 夏に乾燥する原因は何なのか。 夏に起こりがちな肌の乾燥の原因と、スキ …

日焼けで顔につっぱりが!うっかり日焼けの応急処置とお手入れ方法

日焼けをする気がなくても、真夏に屋外へ出ていると日射しからは逃れられません。 うっかりひどい日焼けをしてしまった!なんてこともありますよね。 たかが日焼け、などと甘く見てはいけません。 皮膚がつっぱる …

最近のコメント