紫外線対策

紫外線に日傘はいつから?UV対策を始める時期と注意すべき時間帯は?

投稿日:2018年1月25日 更新日:

紫外線が気になる季節。

日射しが強くなりつつあるこの季節は、シミやソバカスなどお肌にダメージを受けやすい時期でもあります。

そろそろUVケアをしないといけないかな、となんとなく思ってはいても、本格的に日焼け対策を取るのはもう少しあとでもいい、なんて思っていませんか?

日傘や帽子などでUV対策するのはいつ頃からが良いのか。

UV対策を始める時期と、特に注意が必要な時間帯、日傘を選ぶには何色を選べば良いか。
日焼け対策のあれこれ、ご紹介します。

スポンサーリンク
  

紫外線に日傘はいつから?

紫外線に日傘はいつから使用するのがベストなのでしょう。

紫外線と一言でいっても、波長の異なる3つの種類があるのをご存知でしょうか。

● UV-A(紫外線A派)
● UV-B(紫外線B波)
● UV-C(紫外線C波)

UVとは「Ultra Violet」の略で、「紫外線」という意味です。

UV-Cはオゾン層に吸収されてしまうので、地上に届かないのです。
よって私たちの肌や身体に直接的な害はありません。

残るUV-AとUV-Bの2つは、地上にいる私たちに降り注ぎ、浴びすぎることで肌にダメージを与えることも。

特にUV-Aがもたらす肌へのダメージは深刻です。
シミやシワを増やす原因の一つであり、老化の度合いを早める可能性があるのです。

そのため日傘などの紫外線対策を取るべき時期は、このUV-AとUV-Bの降り注ぐ量が多くなるときに合わせてやるのがベストだといえるでしょう。

UV-Aのピークは4~8月
しかし1年通してその半分ほどの量が降り注いでいますので、毎日対策を取りたいところです。

UV-Bのピークは5~8月
増加してくるのは4月くらいからです。

秋冬に紫外線がなくなるわけではないので、できるのなら通年UVケアをしておくのが望ましいといえますね。
お肌への影響を考えると、日焼け止めは季節を問わず塗っておきたいもの。

その上で、本格的に紫外線対策を取るべき時期は、4月からがおすすめです。

日傘を差したりストールや手袋でガードしたり、しっかり紫外線からガードしましょう。

スポンサーリンク

紫外線が強い時間帯は?

紫外線が強い時間帯も知っておくと、UV対策は取りやすくなります。

UV-Aは、正午前後に最も量が増えます。
朝から徐々に増えていき、夕方までほとんど減りません。

紫外線A波に関しては、日が出ている時間帯は常に対策を取って行きたいところですね。

UV-Bのピークも正午前後。
午前10時~午後4時が、特に日焼け対策を取っておきたい時間帯です。

基本的には日が出ている時間帯すべてに、UV対策は取るようにしたいところです。

日傘は外に出ているときは、日中できればずっとかけているのが、やはり望ましいでしょう。

紫外線を防ぐ色

紫外線を防ぐ色を身にまとうのも、紫外線対策として有効です。

日傘だけでなく、衣服やストールなどの小物を選ぶときの参考として、頭に入れておくといいかもしれません。

メインのカラー6色、黒・白・青・緑・黄・赤で、紫外線カット率の高い順に上から並べたものがこちらです。

① 黒(紫外線カット率98%)
② 青(紫外線カット率97%)
③ 緑(紫外線カット率97%)
④ 黄(紫外線カット率95%)
⑤ 赤(紫外線カット率94%)
⑥ 白(紫外線カット率68%)

やはり最も紫外線を遮断してくれる色は「黒」。

熱を集めやすいという難点もありますが、紫外線対策という面でいえば黒が最適ですね。

>>日傘を忘れても安心 インナーパラソル16200 はこちら  

まとめ

日射しは気持ちのいいものですが、紫外線のお肌へのダメージのことを思えば、日傘や日焼け止めなどの日焼け対策グッズでしっかりとガードしていきたいところです。

紫外線量の多い時期や時間帯を把握し、その日その時間帯に適したUVカット術を実践していきましょう。

日焼けの肌への影響は?光老化からお肌を守るためにはなにをすべきか

スポンサーリンク

-紫外線対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日焼け止めを塗っても焼ける? 正しい日焼け対策を始めよう

日焼けをしたくないから日焼け止めを塗って、紫外線対策をバッチリしているのに、なぜかしっかり日焼けしてしまっている! なんてこと、ありませんか? それは日焼け止めの正しい塗り方が、できていないせいかもし …

日焼け止めと虫除けの順番は?一緒に塗ってもOK?正しい塗り方はこれだ

ジリジリと照り付ける太陽からお肌を守るために、日焼け止めは必須です。 同時に蚊が多い季節ですから、虫除け対策もしっかりしていきたいところ。 でもここで疑問が。 日焼け止めと虫除けって、一緒に塗っても大 …

紫外線の肌への影響 紫外線UVAとUVBはお肌にどうダメージを与えるか

紫外線が肌に悪影響をもたらすことは、よく知られている事実です。 しかし一言で「紫外線」といっても、波長の長短で種類があります。 日焼け止めなどでよく見かける「UVA」や「UVB」がそれです。 波長が違 …

日焼けの肌への影響は?光老化からお肌を守るためにはなにをすべきか

日射しをたっぷりと浴びると日焼けをしますが、紫外線の影響はお肌を黒くするだけではありません。 「光老化」という言葉をご存じですか? 実は老化の原因はその8割ほどは「光老化」だといわれています。 つまり …

服が汚れない日焼け止めってある?白くなる原因と白くならない対処法

紫外線の気になる季節の必需品である「日焼け止め」。 ただこの日焼け止め、塗ると洋服や黒系のバッグなどに白く色が移ってしまうことありませんか? 服が汚れない日焼け止めはあるのか。 どうして日焼け止めが衣 …

最近のコメント