紫外線対策

日焼けの肌への影響は?光老化からお肌を守るためにはなにをすべきか

投稿日:2018年2月12日 更新日:

日射しをたっぷりと浴びると日焼けをしますが、紫外線の影響はお肌を黒くするだけではありません。

「光老化」という言葉をご存じですか?

実は老化の原因はその8割ほどは「光老化」だといわれています。

つまり太陽光を浴び続けることで、老化が加速してしまうということです。

そんな光老化を最小限に抑えるためには、紫外線対策がとっても重要。

光老化のメカニズムを知り、本気の紫外線対策を始めましょう。

スポンサーリンク
  

日焼けの肌への影響

日焼けの肌への影響といえば、真っ先に思い浮かぶのはシミやソバカスではないでしょうか。
また、日焼けはシワの原因にもなります。

紫外線は浴びれば浴びるほど、お肌に影響をもたらします。

「普段からそんなに、日に当たるようなことはしていないから大丈夫」
などと思っていても、気がついたら顔にシミが出てきていた、ということはありませんか?

日光を避けて生活はできません。
海や山などでのレジャーを控えてきたとしても、日常生活で必ず紫外線を浴びているはず。

ベランダで洗濯物を干す。
近所のコンビニへ買い物に行く。
ちょっと屋外に出るだけでも、当然日射しを浴びてしまいます。

子どもの頃から現在に至るまで浴び続けてきたこの紫外線は、蓄積されて、やがてシミやシワとなってお肌に現れるのです。

普段、衣服に隠れている部分のお肌と、常に日射しにさらされている顔の肌を見比べてみましょう。

顔に比べて、体の隠れているところはシミも少なく、目立ったシワもないはずです。
紫外線がもたらした「光老化」が、この差を生むのです。

紫外線にはA波(UVA)、B波(UVB)、C波(UVC)があります。

C波は地上にまで届かないため影響はありませんが、問題なのはA波とB派。

UVAは3つの中で最も波長が長く、その分、ヒトの皮膚の真皮まで届きます。
UVBは次に波長が長く、やはりヒトの皮膚に表皮に影響をもたらします。

UVAは肌にシミを発生させる要因となり、UVBはシワを作る要因となります。

スポンサーリンク

光老化は日焼け止めで防げるのか

光老化は日焼け止めで防げるのでしょうか。

日焼け止めは、正しく使えば紫外線対策として期待できるアイテムです。

日焼け止めには「SPF」と「PA」の表示がありますね。

SPFとは、UVBを防ぐ力のこと。
PAとは、UVAを防ぐ力のことです。

SPFの数値が高いほど、UVBを防ぐ時間が長くなり、PAの+のランクが高いほど、UVAを防ぐ力が強くなります。

ただし日焼け止めは紫外線からお肌を守りますが、日焼け止め自体が強いと、お肌にとっては刺激となる可能性もあります。
紫外線からガードしたいからといって、数値の高い日焼け止めばかりを普段使いするのは、控えたほうが良いですね。

そして重要なのが、日焼け止めの塗り方。
これを間違えると、せっかくの日焼け止めも効果が半減してしまうことも。

日焼け止めの塗り方にも気をつけたいところです。

日焼け止めを塗っても焼ける?正しい日焼け対策を始めよう

光老化の対策

光老化の対策は、日焼け止めだけではありません。

紫外線の強い時期や時間帯を把握しておけば、紫外線対策も取りやすくなります。

紫外線量は4~5月に増えて行き、7~8月にピークを迎えます。
4月などは「日焼け止めはまだ塗らなくて平気かな」と思いがちですが、しっかりガードしておくことが大切です。

夏はレジャーに出かける機会が多いのですが、光老化を防ぐという面では、できる限りの紫外線対策を取っていきたいものです。

ただ忘れてはならないのが、夏にだけ紫外線が降り注いでいるわけではないということ。
冬でも、曇っていても、窓際の屋内にいても、紫外線は私たちの皮膚に届いています。

常に紫外線を浴びているのを忘れずに、しっかり紫外線対策を続けていきましょう。

まとめ

紫外線による光老化は、生きていれば避けられないものかもしれません。

しかし老化の速度を落とすことは、日常のちょっとした工夫で可能です。

無理のない範囲で、日焼け対策を取っていきたいですね。

スポンサーリンク

-紫外線対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業の女性の日焼け対策 絶対焼きたくない女性のためのお肌ケア方法

夏の厳しい日差しの下、ずっと屋外にいることの多い営業職の女性にとって、気になるのが紫外線。 車でも電車でも自転車でも徒歩でも、厳しい直射日光からは逃げられませんよね。 お仕事なので外に出るのは仕方がな …

日焼け止めを塗っても焼ける? 正しい日焼け対策を始めよう

日焼けをしたくないから日焼け止めを塗って、紫外線対策をバッチリしているのに、なぜかしっかり日焼けしてしまっている! なんてこと、ありませんか? それは日焼け止めの正しい塗り方が、できていないせいかもし …

紫外線に日傘はいつから?UV対策を始める時期と注意すべき時間帯は?

紫外線が気になる季節。 日射しが強くなりつつあるこの季節は、シミやソバカスなどお肌にダメージを受けやすい時期でもあります。 そろそろUVケアをしないといけないかな、となんとなく思ってはいても、本格的に …

日焼けで顔につっぱりが!うっかり日焼けの応急処置とお手入れ方法

日焼けをする気がなくても、真夏に屋外へ出ていると日射しからは逃れられません。 うっかりひどい日焼けをしてしまった!なんてこともありますよね。 たかが日焼け、などと甘く見てはいけません。 皮膚がつっぱる …

紫外線アレルギーの症状ってどんな感じ?治療はできる?対策はどうする?

日光に当たると肌がヒリヒリ。 赤くなってぶつぶつができる。 「海や山で真夏の強い日差しを浴びて」というなら分かりますが、日常生活でちょっとお日さまの下を歩いただけで、このような症状がお肌に出るのであれ …

最近のコメント