食品

ささみの筋は食べれる?取らないでそのまま食べても良いのか

投稿日:

鶏のささみで気になるのが「筋」の部分です。

ささみの筋は取るのが面倒。
取らずに済めば、もっと料理の時短になるのに。

ささみの筋は必ず取らなければならないのか。

筋を残したままささみを食べるのは害になる?

鶏のささみの筋についての雑学です。

スポンサーリンク

ささみの筋は食べれる?

高タンパクで低脂肪の鶏のささみ。
鶏肉の中でも最も脂肪が少ない部位なので、ダイエット時の食材としても人気ですよね。

ビタミンA、ビタミンB、メチオニン、亜鉛の栄養素も豊富で、価格も安く気軽に買いやすい優秀食材です。

ただ、気になるのがあの白い筋です。

ささみの筋、切るのは正直面倒くさいですよね。
このスジはそのまま食べられないのかな、なんて思うことありませんか?

ささみの筋を食べてしまうのは良くないのでしょうか?
食べることで害になったりしないか、気になりますよね。

実は、ささみの筋は食べてもOKなのです。

筋を取らずにそのまま調理して食べても、体の害になることはありません。
ささみの筋が好きであえて筋を残したまま食べる方もいますし、ささみの肉から取った筋を焼くなどして、筋のみを好む方もいます。
コリコリした食感が美味しくてクセになるようですね。

スポンサーリンク

ただ、普通に調理する際には、筋があると少し困ることもあります。

ささみの筋取りをしないとどうなるのか

ささみの筋は取らなくても食べられはします。

しかし筋を残したまま調理すると、肉が縮んでしまう原因になってしまいます。
加熱により筋が縮み、肉の形が崩れてしまうのです。

また、すじの食感も硬くて噛み切れなかったり食べにくくなるのであまり好まれないため、調理前に筋取りをしておくのが一般的です。

筋取りをしなくてもササミは食べられますが、食感が苦手な方や、高齢者や小さい子どもには、食べやすいようにスジを取ってあげたほうが良いですね。

とはいえちょっと手間だし面倒なささみの筋取り。

そこで簡単な筋取りの動画を見つけたのでご紹介を。
気持ちいいくらいスルッと筋が取れています。

まとめ

ささみの筋は食べられるので、食べるときに気にならなければそのまま食べてしまっても大丈夫です。
喉に詰まらないようによく噛んで食べてくださいね。

取ったささみの筋にまとめて衣をまぶし、唐揚げのようにしても美味です。

筋がついたままのささみをフライなどにすると硬く縮んでしまいますが、お肉部分と筋を別々に調理すれば二度おいしいですね。

スポンサーリンク

-食品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷たいご飯が食べられない お弁当の冷たく硬いごはんが苦手な時の対処法

冷たいご飯が苦手。 レンジで温められる状況なら温め直したいけれど、状況によってはそうもいかないこともあります。 職場や学校に持って行くお弁当などは特にそうですよね。 ご飯が冷めて硬くなり、どうしてもお …

ローズマリーは食べてもいいの?お皿の前で戸惑ったら必読!

ちょっとおしゃれなレストランの料理に、そっと添えてあるローズマリー。 果たして食べても良いものなのか、悩んだことありませんか? ローズマリーは食べられるのか。 生の場合は? 乾燥しているものならOK? …

さつまいもは肌にいい美容食?肌荒れや若返りになぜ効果があるのか

甘くておいしいさつまいも。 実は肌にいい美容効果がたっぷり含まれているのをご存知ですか? さつまいもが肌にいい理由。 美容食ともいうべき、さつまいもの美容効果まとめました。 スポンサーリンク スポンサ …

おいしいりんごの選び方 蜜入りシャリシャリりんごの特徴は?

りんご好きにはたまらない、蜜の入ったシャリシャリ食感のリンゴ。 でも林檎ってたくさん種類がありますよね。 スーパーで並んでいるりんごを見ていると、どれも美味しそう! 一体どのリンゴを選べばいいのか悩み …

温泉卵を温度計なしで作るには 温度が測れないときの作り方

温泉卵を作るには温度が重要。 でも温度計を持っていない! そんな家庭も多いのではないでしょうか。 温度計なしでお湯の温度が測れなくても、温泉卵は作ることができます。 温度計がないときの温泉卵の作り方を …