暮らし 食品

チョコをレンジで失敗させた!固まったり焦げたときの対処法

投稿日:2017年11月7日 更新日:

チョコレートをレンジで溶かそうとしたら大変なことに!

トロトロに溶けた美味しそうなチョコを期待していたのに……
レンジから取り出すと固まって分離していたり、一部焦げていたり。

電子レンジなら、湯せんで溶かすより簡単にできそうですが、微調整が案外難しいものなのです。

スポンサーリンク
  

チョコをレンジで失敗させたら

チョコをレンジで失敗させた。
その場合、大体2つの結果になっていると思います。

① チョコレートの油脂が水のように出て、固まり部分と分離してしまった
② チョコレートが焦げたように固くなってしまった

チョコレートが分離したり焦げたりしてしまう原因は、電子レンジの高温加熱が原因です。

電子レンジは水分に反応して食品を温めます。
チョコレートの場合はこの水分が含まれていないので、高温で熱を加えすぎると分離したり、焦げやすくなってしまうのです。

電子レンジでチョコレートを溶かす正しいやり方は、次のとおりです。

① 板チョコ(製菓用がおすすめ)を細かく刻む
② 耐熱ボウルに刻んだチョコを入れる
③ 500w~700wの場合、50秒~1分ほど加熱する
④ 取り出してゴムベラでよくかき混ぜる
⑤ 10~20秒再度加熱し、よく混ぜる
⑥ 溶け具合を見ながら、10秒ずつ加熱

まだまだチョコの固まりが残っており、完全に溶けていないように見えても、かき混ぜると余熱で溶けます。
むしろ余熱で溶かすものなのだと考えておいてください。
よくかき混ぜ、艶が出たら完成です。

ゴムベラは必須アイテムです。
チョコレートはテンパリングが命なので、必ず用意しましょう。

もしくは電子レンジの弱モード(200wくらい)で、チョコの溶け具合を見ながら加熱していく方法もあります。
レンジにかけて4~6分したら、取り出してかき混ぜる。
その後10秒くらいずつの「加熱」と「かき混ぜ」を繰り返しましょう。

正しい方法で再度やり直すのも良いのですが、失敗したチョコを捨てるのはもったいないですよね。

電子レンジで失敗してしまったチョコをよみがえらせる方法を、次の章でご紹介します。

チョコがレンジで固まる

チョコがレンジで固まった。
油脂とドロドロチョコレートの固まりに分離してしまった。

こうなってしまうと、いくらかき混ぜていてもチョコレートはまとまってくれません。
これをまとめるためには、再び温めることが必要です。

分離したチョコレートの対処法

① レンジ10秒加熱
② 取り出してよくかき混ぜる
③ レンジ10秒 → かき混ぜを繰り返す

電子レンジには個体差があり、クセがあるので、確実とは言えませんが、ちゃんと様子を見ながらこれを続けていれば、チョコレートがトロリとまとまる可能性は十分にあります。

もう一つ、分離したチョコレートを戻す方法をご紹介。

スポンサーリンク
① 新たに刻んだチョコを少量加える
② レンジで10秒加熱
③ 取り出してかき混ぜる
④ 10秒加熱 → かき混ぜを繰り返す

おかしくなってしまったチョコレートの結晶に、結晶がきれいなままの新しいチョコレートを足すことで、安定した状態に戻す方法です。チョコが余っていたら、試してみてくださいね。

チョコがレンジで焦げる

チョコがレンジで焦げる。
焦げ焦げになると復活は不可能ですが、一部が焦げたようになる、モロモロに固まった感じになった、などという場合、次の方法を試してみてください。

焦げたように固まったチョコレートの戻し方

① 生クリームか牛乳を沸騰する直前まで温める
② 小さじ1杯程度、モロモロになったチョコにかける
③ よくかき混ぜる
④ 小さじ1加え → よくかき混ぜるを繰り返す

面倒だからと一度にたくさん生クリーム(牛乳)を加えないように注意してくださいね。
必ず少量ずつ足すこと。
水分が多過ぎると今度は固まらなくなります。

あまりに加熱し過ぎて焦げ、固くなりすぎていると、チョコレートの脂肪分は溶けなくなってしまいます。
こうなると復活は不可能です。
焦げ程度のひどいものは下手に口にしないほうが良いですが、それほどでもなければ、ほかの方法で消費しましょう。

● ホットミルクに溶かしてココアにして飲む
● 一口大に丸めてアルミホイルに並べ、トースターで焼く(焼きチョコ)
● ホットケーキやクッキーに混ぜ込む

などで消費するのも良いでしょう。
案外、おいしいものに変化するかもしれませんね。

まとめ

手作りチョコって簡単なようで、案外繊細で難しいものですよね。

でもきっと手間がかかったぶん、おいしいチョコが完成するはずです。

チョコレートを使ったお菓子作り、楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

-暮らし, 食品
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

栗はそのまま冷凍できるの?生栗保存方法と解凍方法

栗拾いの時期になると、たくさんおすそ分けを頂くこともありますよね。 ほくほくとしてとっても美味しい栗。 嬉しいのですが、一度に消費できない量だと、保存に困ってしまうことも。 あの固い皮を見ると、保存が …

入園式に赤ちゃん連れならバッグはどうする?下の子に着せる服と抱っこ紐

入園式や入学式のシーズン。 入園入学するお兄ちゃん、お姉ちゃんの下に弟や妹がいる、などという方も多いと思います。 下の子がまだ乳児の場合、赤ちゃん連れで入園式や入学式に出席しなければならないとしたら、 …

子供のお年玉は0歳だとどうするべきか 赤ちゃんにはいくら包む?

お正月になるとお年玉をあげることになりますが、子どもが0歳児の赤ちゃんの場合はどうするのでしょうか? お年玉をあげても分からないから、あげなくてもいいような気がしますが…… でも産まれて間もないころだ …

あさりは冷凍が可能?正しい冷凍保存のやり方と保存期間や解凍方法

スーパーで購入したあさりや、潮干狩りでゲットした新鮮なあさり。 たくさんあるけれど、今すぐ使いきれない。 そんなこともありますよね。 すぐに食べないから、あさりをしばらく保存しておきたい。 でも傷まな …

手荒れで食器洗いがツライ!洗い物の時間短縮ワザと手荒れ防止策

手が荒れてしまうと、毎日の洗い物も大変です。 あかぎれなど手に傷があるときの食器洗いは、水が染みて痛いですよね。 洗い物は毎日出るので、しないわけにもいきません。 そんなとき、洗い物が時短できれば手荒 …

最近のコメント