暮らし 食品

巻き寿司が切れない!海苔巻き・太巻きの上手な切り方とコツ

投稿日:2017年11月15日 更新日:

太巻き寿司や細巻き寿司などの海苔巻き。

お祝い事や節分などの行事にかかせない巻き寿司。

細巻・中巻・太巻と、どれも美味しいですよね!

でもこの巻き寿司、たった一つの難点が。

それは海苔がぐにゃっとしたりご飯粒が崩れたりして「うまく切れない」ということ。

その切れない巻き寿司を上手に切る方法とコツを、ご紹介します。

スポンサーリンク
  

巻き寿司が切れない!

巻き寿司が切れないとは、このような状態だと思います。

● 海苔が切れず、力任せに切ったらごはんがつぶれる
● 包丁に米粒がくっついてしまい、切り口が乱れ見た目が悪くなる
● 均等に切れず、大きさがバラバラになってしまう

まずチェックしてみていただきたいのが、包丁です。

海苔巻きを切るときに重要なのは、包丁のコンディションです。

□ 切れ味の良い包丁を使用すること
□ できるだけ刃渡り長めの包丁
□ 厚みは薄いほうが良い

あまりに切れにくい包丁だと、当然うまく切れません。
海苔巻きを切るときには、切れ味の良い包丁を使用するようにしてくださいね。

そして汚れていない包丁を使うこと。
汚れた包丁を使うことはないでしょうが、念のため。

巻き寿司の巻きがゆるいと、切りにくくなります。
どうしてもゆるくなってしまったら、厚めに切るようにしてください。

また均等に切るためにも簡単なコツがあります。

一度巻き寿司の中央でカットし、2本にしてから切ると均等に切りやすいです。
切った巻き寿司をさらに半分にカットし……と切っていくと、それほど不揃いにはならないはずです。

海苔巻きを巻いてすぐに切ろうとしても、うまく切れないことが多いです。

それは海苔がまだパリパリなのが原因。
海苔がいくらかしなっとするまで、しばらく(15分ほど)置いてから切るようにすると、海苔とごはんがなじんでうまくカットできます。

巻き寿司の切り方とコツ

巻き寿司の切り方とコツを意識しながら切ると、切りにくい海苔巻きもうまく切れます。

スポンサーリンク

海苔や酢飯をつぶさずきれいにカットする、基本的な方法

① 包丁の刃全体を水、または酢水で濡らし、ふきんでサッと拭き取る
② 包丁の刃元を海苔巻きに当てる
③ そのまま刃を手前に大きく引く
④ 刃を全部使うように、刃全体で一度で切り取る

包丁の刃を濡らすのは、ご飯がくっつかないようにするためです。
一度濡らして布巾などで拭き取りますが、軽くおさえる程度で。

包丁は手元のほうから切っ先に向けて、手前に引きつつ大きく切りましょう。
面倒ですが一度切るたびに、刃を水で濡らしふきんで拭いてから切ると、全部スムーズに切りやすくなります。

巻き寿司を切るときに、刃を下にグッと押しつけないように気をつけましょう。
ごはんがつぶれてしまいます。
あくまでも手前に引くようなイメージでカットしましょう。

海苔が二重になった部分がしっかり切れていないこともあるので、そこも注意ポイントです。

海苔巻きをきれいに切る方法

海苔巻きをきれいに切る方法はまだあります。
もっと手軽な、裏ワザ的なやり方もご紹介しますね。

■ 海苔巻きをラップで巻いてカットする方法

① 巻き寿司をラップで巻く
② 基本の海苔巻きの切り方どおりに切っていく

■ 海苔巻きをキッチンペーパーを使ってカットする方法

① 包丁の刃全体にキッチンペーパーを巻く
② キッチンペーパーを全体的に水で濡らす
③ 切っ先だけ少し出すように、刃先の部分のキッチンペーパーを切り取る
④ 刃全体で切るように、手前に引きつつ海苔巻きを切る

この方法の便利なところは、濡れたキッチンペーパーを巻いているので、一度切るたびに包丁を濡らす手間がないということ。
続けて次を切られるので、手早く最後まで着ることができます。

巻き寿司・海苔巻きを切るのは、慣れればスムーズに切れます。
でもラップやキッチンペーパーを使って切ればより容易に切れますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

巻き寿司・海苔巻きなどの巻物は、やはり切ったときの断面の美しさが大事です。

海苔巻きのきれいな切り方とコツ・裏ワザを使って、ごはんをつぶさず海苔もしっかりカットされた、見た目のよい巻き寿司を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

-暮らし, 食品
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

栗はそのまま冷凍できるの?生栗保存方法と解凍方法

栗拾いの時期になると、たくさんおすそ分けを頂くこともありますよね。 ほくほくとしてとっても美味しい栗。 嬉しいのですが、一度に消費できない量だと、保存に困ってしまうことも。 あの固い皮を見ると、保存が …

大掃除を1日で済ませよう スケジュール作成と時短のコツ

いよいよ大掃除の時期がやってきました。 ただでさえ忙しい年末。 お仕事をされていたりすると尚更、時間が取れないですよね。 今年はたった1日しか手が空かない!なんてこともあるでしょう。 大掃除は普段手の …

子供のお年玉は0歳だとどうするべきか 赤ちゃんにはいくら包む?

お正月になるとお年玉をあげることになりますが、子どもが0歳児の赤ちゃんの場合はどうするのでしょうか? お年玉をあげても分からないから、あげなくてもいいような気がしますが…… でも産まれて間もないころだ …

年越しそばを0時に食べる?食べるタイミングはいつが正解か

すぐそこに新しい年が近づいて来ていますね。 大晦日はどうお過ごしですか? おおみそかと言えば、やはり恒例の【年越しそば】。 さて、この年越しそば、大晦日の何時に食べていますか? 年越しそばを食べるべき …

あさりの砂抜きしても閉じたまま これって食べても大丈夫?

あさりの砂抜きをやってみたけれど、あさりの口が全く開かない。 ずっと閉じたままだし、これって生きてる? なんて、不安に思うことありませんか? 生きているのか死んでしまったのか分からないアサリを食べるの …