ホワイトデー

ホワイトデーには義理にもお返しは必要か するのなら無難なものは?

投稿日:2017年11月16日 更新日:

ホワイトデーには、バレンタインデーにいただいたチョコのお返しをするのが常。

でも彼女でもない、本命でもない、いわゆるただの義理チョコに対しても、やはりお返しはするべきかどうか迷ってしまいますよね。

バレンタインへのお返しは必要なのか否か。
するとしたら、義理チョコへの無難なお返しにはどんなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク
  

ホワイトデーに義理にもお返しは必要

ホワイトデーは義理にもお返しは必要です。

「別にチョコをくれなんて、頼んでもいないんだけどな……」
などと思うこともあるかもしれませんが、社会人としては、いただいた以上お返しはしておいたほうが無難です。

義理チョコとはいえ、女性は案外悩みながらバレンタインチョコを選んでいるもの。
その労力に対して義理を返しておくつもりで、ホワイトデーにはお返しをしておきましょう。

恐らくそのほうが、あなたの株が上がります。

「ホワイトデーにお返しなんていらないからね」
などと義理チョコを贈ってくれた方が言ったとしても、内心期待していないとは言い切れません。

もちろん人にもよります。
本当にお返しなどいらないと思っている方もいるにはいるのですが、それは他人からは窺い知れないことです。

本音がどうなのかは分からないのですから、やはり義理チョコでも、ホワイトデーにはお返しをしておくことをおすすめします。

義理チョコにお返しはいる?

義理チョコにお返しはいるとして、相場はどれくらいなのでしょうか。

一般的には、いただいたバレンタインギフトの、2~4倍程度のものを差し上げる方が多いです。
そのチョコより多少はお値段高めのお返しを選んでおけば、そうそう外すことはないでしょう。

例えば部署の女性たち全員でお金を出し合ってバレンタインチョコを配ってくれることもあるかもしれませんね。

こういう場合、ホワイトデーのお返しを一人一人に差し上げる必要はありません。
2~3人程度ならまだしも、5人以上など人数が増えると、個人としての負担が大き過ぎます。

その部署全員で食べられるようなものを一つ買えばOKです。
彼女たちが平等に分け合えるような数量であることも忘れずに。

バレンタインにみんながまとめて一つのものをくれたのではなく、一人ずつ別個のチョコをくれたのなら、大変ですがお返しも一人ずつにしておいたほうが良いですね。

スポンサーリンク

義理チョコのお返しに無難なものは?

義理チョコのお返しに無難なものは、やはり「消え物」です。
お菓子や紅茶など、消費できるものがベスト。

形として残るものは避けたほうが無難です。

よくホワイトデーの義理のお返しに選択されがちなものとして

● ハンカチ
● 入浴剤
● 化粧品
● 香水
● マグカップ

等を贈る方がいますが、このような形に残るもの、肌につけたり身につけるものなどは、相当のセンスが問われます。

好みや趣味をよく分かっている「彼女」や「奥さま」であれば良いのですが、義理チョコをくれただけの職場の同僚や部下、友達が相手なら、これらの雑貨は選択肢から外しておくことをおすすめします。

その点お菓子は食べれば終わりですし、万が一好みではなかったとしても、誰かにあげるなどして消費できますよね。

義理チョコのお返しに向いているものリスト

● 焼き菓子
● ケーキ
● 紅茶のティーバック
● ドリップコーヒー
● プリンやゼリー
● アイスのギフト券
● コーヒーショップのギフト券

一番選びやすいのは、クッキーやマドレーヌ等の焼き菓子でしょうか。
ラスクや、チョコ系のお菓子もいいですね。
チョコにチョコを返すのはちょっと……と気にされる方もいなくはありませんが、チョコ好きの女性が多数派なので、喜ばれる可能性は高いです。

ケーキもいただくと嬉しいお菓子ですが、持ち帰るのが大変だったりもします。
休憩時間にその場で食べられるなどの環境があれば、ケーキも良いですね。

お菓子を食べない女性も、なかにはいます。
そんな方には紅茶やコーヒーも良いでしょう。

ハーゲンダッツなどの「ちょっとお高めの」アイス券もありです。
コーヒーショップのギフト券もいいですね。
スタバカードなど、近くにスタバがあり利用されているようなら、喜ばれるかもしれません。

ポイントは普段自分ではあまり買わない、ちょっと特別感のあるものを選ぶこと。

安価なものを量多めで贈るのではなく、少量でいいので質の良いものを贈った方が断然喜ばれます。



まとめ

義理チョコのお返しにも気を遣いますが、上手にお返しをすることで、人間関係がスムーズにいく場合もあります。

普段あまりないことですから、バレンタインデーやホワイトデーを使って、コミュニケーションの場を増やすのも、そんなに悪いことではないかもしれませんね。

せっかくですから、ホワイトデーには「センスの良さ」をアピールしておきましょう。
案外こんなことで好感度がUPする、なんてこともあり得ます。

よいホワイトデーを!

スポンサーリンク

-ホワイトデー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホワイトデーにはお返しを職場に 義理チョコのお返し相場はどれくらいが妥当?

バレンタインデーに会社の女性陣にチョコレートをいただいてくることありますよね。 ホワイトデーにはやっぱりお返しをしておくほうが、職場の関係性がスムーズになることも。 バレンタインチョコのお返しはなかな …

最近のコメント