食品

ローズマリーは食べてもいいの?お皿の前で戸惑ったら必読!

投稿日:

ちょっとおしゃれなレストランの料理に、そっと添えてあるローズマリー。

果たして食べても良いものなのか、悩んだことありませんか?

ローズマリーは食べられるのか。

生の場合は?
乾燥しているものならOK?

ローズマリーへの素朴な疑問にお答えします!

スポンサーリンク

ローズマリーは食べてもいいのか

目の前には美味しそうなお料理。
そこにそっと添えられたローズマリー。

さて、このローズマリーですが……
これって食べてしまってもいいのかと悩んだことはありませんか?

結論から言えば、ローズマリーは食べられます

食べられますが、パクッと食べてしまう前にぜひ続きを読んでいただけたらと思います。

ローズマリーと一言でいっても、生(フレッシュハーブ)のものと乾燥(ドライ)させたものがあります。
ドライのローズマリーにも原型を保ったままの「ホール」のものと、それをすりつぶした「パウダー」状のものがあります。

ホールやパウダーのローズマリーは、食材に混ぜ合わせたりまぶしたりして調理します。


ホールのローズマリー

パウダーのローズマリー

フレッシュのローズマリー

フレッシュ(生)のローズマリーは、例えばお肉や魚などの下ごしらえに使ったり、焼くとき、炒めるとき、蒸すとき、煮るとき等に一緒に入れて使います。
また、完成した料理にそのまま添えておくこともあります。

いずれにせよ、どのローズマリーも食べられます。
料理に乗せられた生のローズマリーだって、食べられないことはないのです。

食べられはするのですが……

ローズマリーをそのまま食べる

ローズマリーをそのまま食べるのは、出来なくはありませんが、そんなにおすすめできるものではありません。

さわやかな香りがローズマリーの特徴ではありますが、生でそのまま食べるのはちょっと考えものです。
香りが強いローズマリーは、そのまま食べると結構強烈に感じるはず。

ローズマリーを使うのなら、魚料理や肉料理の臭み取りや風味付けとするのがベスト。
煮込み料理や蒸し料理、お肉などを焼く料理のときに加えておけば、香りを良い感じに引き出せます。

スポンサーリンク

なので調理過程で程よく風味付けができたようなら、ローズマリーは取り出してしまえば良いのです。

調理過程ではなく、完成した料理と共にお皿に乗せられた生のローズマリーも見かけますね。
料理やお皿にちょこんとローズマリーが添えてあると、一気におしゃれっぽくなります。

あれは見た目の良さもあるかもしれませんが、生のローズマリーを添えることでその香りを加えたり風味を増したり、臭み消しなどをするのが主な目的です。

生でそのまま食べるとやはりかなり青臭さが強いので、風味付けとして使うのが最も適しています。

ローズマリーは食べられますし、さまざまな薬効があると言われています。
さわやかな芳香だけでなく、消臭や抗菌効果、抗酸化作用などもある優れたハーブなのです。

ただし妊娠中や授乳中の方は、ローズマリーをたくさん摂取するのを控えたほうが良いと言われています。
子宮を収縮させてしまう恐れがあるというのがその理由。

また、てんかんの方にも発作を誘発する恐れがあるとして、避けたほうが良いとされています。

まとめ

ローズマリーは食べられます。

ただし生のローズマリーはかなり青臭く感じるので、食べるのには向きません。

その芳香を楽しみ、食材の臭み取りや風味付けとして使いましょう。

スポンサーリンク

-食品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

栗はそのまま冷凍できるの?生栗保存方法と解凍方法

栗拾いの時期になると、たくさんおすそ分けを頂くこともありますよね。 ほくほくとしてとっても美味しい栗。 嬉しいのですが、一度に消費できない量だと、保存に困ってしまうことも。 あの固い皮を見ると、保存が …

弁当箱を放置したときの洗い方 カビや臭いはどうやって取る?

会社や学校にお弁当箱を忘れてきてしまった! お弁当箱は洗ったものと思っていたら、洗ってなかった! 人間だもの、そんな失敗も時にはあります。 問題はこれから。 放置したお弁当箱はどうやって洗えばいいの? …

ささみの筋は食べれる?取らないでそのまま食べても良いのか

鶏のささみで気になるのが「筋」の部分です。 ささみの筋は取るのが面倒。 取らずに済めば、もっと料理の時短になるのに。 ささみの筋は必ず取らなければならないのか。 筋を残したままささみを食べるのは害にな …

温泉卵を温度計なしで作るには 温度が測れないときの作り方

温泉卵を作るには温度が重要。 でも温度計を持っていない! そんな家庭も多いのではないでしょうか。 温度計なしでお湯の温度が測れなくても、温泉卵は作ることができます。 温度計がないときの温泉卵の作り方を …

みかんの保存方法 長持ちさせておいしく食べる保存のポイント

甘酸っぱいみかんは、コタツとセットで冬の風物詩の一つですよね。 コタツに入って温まっていると、無意識にみかんの皮を剥いていたり^^ そんなおいしいみかん。 時期になると大量にいただいたり、箱買いしたり …