健康 風邪対策

風邪の引き始めにやること4選 初期症状のうちに風邪は治そう

投稿日:2017年10月17日 更新日:

なんだか体がだるい。
頭が重い感じ。
のどが痛い。
くしゃみ・咳や鼻水が出る……

どうも風邪の引き始めのようです。

風邪は早めに対処しておいたほうが、治りも早いですよね。

正しい対処法で、初期の風邪を撃退してしまいましょう!

スポンサーリンク
  

風邪の引き始めにやることは?

風邪の引き始めにやることは、実は薬を飲むことではないのです。

急激に高熱が出た場合はインフルエンザ等の疑いがありますから、即刻病院に行くのをおすすめします。

しかし
「ちょっと体だるいな」「どうも喉がイガイガする」
などのいわゆる「風邪の引き始め」のときは、安易に市販薬を飲まないほうが、結果的によかったりします。

なぜなら風邪の諸症状というものは、風邪のウイルスから守るために身体が戦っている証なのです。

風邪薬は風邪を治すものではなく、風邪の諸症状を抑えるためのもの。
せっかく体がウイルスと戦っているのに、邪魔をしてはいけません。
ウイルスをやっつけられず、逆に風邪を長引かせたり、悪化させたりする恐れもあるのです。

風邪薬を服用するのが悪いということではないので、ご注意を。

風邪が悪化して症状が重くなってくると、体力も奪われます。
その段階で適切に薬を服用すると、薬は本来の力を発揮できるでしょう。

初期段階の風邪では、いきなり薬に頼るのではなく、自分の身体の免疫力を高める方法が最適であるといえます。

風邪は初期症状のうちに治す 4つの対処法

風邪は初期症状のときに治しておきましょう。
やっておいた方がいい対処法をまとめておきます。

体を冷やさない

体温が下がると免疫力も低下します。

まずは身体を冷やさないようにして、温かくしていること。
飲み物なども、冷たいものは口にしないようにしましょう。

「熱っぽいな」と思っても、おでこに貼る冷却シートなどは、まだ使わないほうが良かったりします。

ウイルスは熱に弱いです。
なので、私たちの身体はウイルスと戦うためにあえて体温を上げています。

ここで必要なのは熱を下げることではなく、体を温めること。
しっかり温かくして、汗をかいたら冷えないようにすぐに着替えること。

下手に体温を下げると、ウイルスが残ったまま風邪をこじらせがちになってしまいます。
ウイルスが消えれば体温も下がってくるはずです。

こまめに水分補給

スポンサーリンク

水分はしっかり摂ってください。
特に熱がある場合は、汗で体内の水分が失われがちなので、こまめに水分補給することを忘れずに。

スポーツドリンクも良いのですが、糖分が気になるところ。
そういうときは水で薄めて飲むといいですね。

忘れてはいけないのが、「常温で飲む」こと。
冷たい飲み物は禁止です。

無理して食べない

食欲がない場合、無理して食べないこと。

風邪のときこそ栄養を!と思いがちですが、食べた後の消化活動には案外エネルギーを使います。
それよりも胃腸を休め、最低限の栄養を摂っておくだけにとどめたほうが良い場合も。

食欲はある!というときも、消化の良い食べ物を選んで食べてください。
おかゆやおじやなど、温かい食べ物が良いですね。

とにかく体を休める

初期の風邪ならずっと寝ていなくても構いませんが、体は安静にしておくに越したことはありません。
ゆっくり体を休めて、静かに過ごすのが良いですね。

上記の4つの方法は風邪の引き始めにしっかり行うと、かなり悪化しにくくなります。

個人的な話ですが、私は持病があり体は弱いほうです。
でも風邪に限っては、ほとんど長引かせたことがありません。

自分の体質が分かっているので、予防をしっかりしているのが、風邪をひきにくくする秘訣だと思っています。

風邪の引き始め予防 早めに悪化を防ごう

風邪の引き始めは、まだウイルスが侵入したてで、浅いところにいます。
ウイルスが深いところまで侵入していないうちに、悪化するのを予防しておくことが肝要。

「ちょっと喉が変」
「体がだるいかも」

というちょっとした身体の異変を早めにキャッチできると、予防も早くできていいですね。
「気のせいかも」という程度の体調不良感があるときに、しっかりケアしておくのがベストです。

また、普段から栄養バランスに気をつけて、適度な運動などで体力をつけていれば、いざ風邪をひいたときにも回復が早いもの。

もし風邪をひきやすい傾向があるのなら、自己免疫力を高めるために、基礎体力をつけておくのが一番の風邪予防になります。

まとめ

風邪をひくとつらいですよね。
仕事もなかなか休めないし、つい無理をしてしまいます。

しかし悪化してから休むより、早めに休んで短時間で治した方が、体の負担にもならないし効率も良いです。

無理をせず、休むのも自己管理の一環だと思って、ゆっくり体を労わってください。

お大事に!

スポンサーリンク

-健康, 風邪対策
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冬の乾燥と水分 どれくらいとるべき?水分補給に適した飲み物は?

冬は夏の時期ほど喉が渇かず、ついつい何も飲まないで過ごしたりしがちです。 喉が渇かないのだから、別に無理して飲み物を飲むことはないような気がしてしまいますよね。 しかし実は、体内は水分不足でSOSを発 …

かかとのガサガサをすぐ治すには?固くなった角質をやわらかくする方法

かかとがガサガサして、ソックスやタイツなどが引っかかる。 なんてこと、ありませんか? かかとがガサガサ、ザラザラするのは、足裏の角質が固くなっているから。 特にかかとは角質が厚くなりやすく、ひどいとガ …

ノロウイルスで嘔吐下痢なら食事はこうしよう 治療時から回復後まで

ノロウイルスに感染すると、つらい嘔吐下痢の症状に見舞われます。 そんなとき食事を摂ろうとしても、口に入れるとすぐに戻してしまうしまうことも多々ありますよね。 ノロウイルスにかかって嘔吐下痢が続く際の、 …

風邪で関節痛なのに低体温なのは何故?熱の出ない風邪の不思議

風邪ひいたかな…… 関節痛に筋肉痛。 体はだるいし、頭も痛くて熱っぽい…… なんて思って熱を測ると、まさかの34℃台! そんなこと、ありませんか? 風邪をひいたのに体温が低いのは何故なのでしょうか。 …

朝起きると喉が痛いのが毎日……不快な喉のイガイガの原因と対策

毎朝のように、起きると喉が痛い。 そんな症状で悩んでいませんか? イガイガしたり、ヒリヒリしたり、のどの痛みは不快なものです。 この起床時の喉の痛み、もちろん原因があります。 なぜのどが毎日痛むのか、 …

最近のコメント