食品

さつまいもを洗ってしまったら 水に浸けてしまったさつまいもの保存方法

投稿日:

すぐに食べないさつまいもは、水洗いしてはいけないのが鉄則です。

でもつい洗ってしまった。
水に浸けてしまった。

洗ってしまったサツマイモは、もう保存が効かないのでしょうか。

さつまいもを洗ってしまったときの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

さつまいもを洗ってしまったら

さつまいもを洗ってしまったら、長期保存はできないと言われています。

洗うために水につけてしまうとさつまいもが水分を吸ってしまい、傷みやすくなってしまいます。

また、洗っているときに皮に傷がついてしまったサツマイモは特に、そこから傷みやすくなります。
日持ちさせるのは諦めて、早めに食べてしまったほうが良いですね。

さつまいもの保存には「乾燥」と「温度」が重要です。

基本的にさつまいもの保存は「泥がついたまま」。

軽く泥を払って新聞紙に包み、ダンボールに穴を開けて通気を良くしたものや、ザルやカゴなどに置いて通気を良くしてあげることで、ものによっては3カ月ほど保存できる場合もあります。

洗ってしまったさつまいもが長期保存できない理由はそのためです。

さつまいもの賞味期限は見た目で分かる?見分け方とどれくらい持つか

では、すでに洗ってしまったさつまいもは、もうどうにもならないのでしょうか?

大量に洗ってしまったあとだと、すべてをすぐに食べられるわけではないので困ってしまいますよね。

さつまいもを洗ってしまったときは、以下の方法で保存可能です。

さつまいもを洗って保存するには

さつまいもを洗って保存するのなら、冷凍保存という手もあります。

さつまいもは低温が苦手なので冷凍するというのは意外なようですが、洗ってしまったサツマイモを長期保存するには冷凍保存がおすすめです。

スポンサーリンク

さつまいもの冷凍保存方法

⒈ さつまいもを使いやすい大きさにカットする
⒉ 水に10分ほどさらしてあく抜き
⒊ 水気をよく拭き取る
⒋ ジップロックなどの保存用フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ

フリーザーバッグに入れるときは空気をしっかり抜いてください。

さつまいもまるごと1本でも冷凍可。

よく水洗いしてしっかり水気を拭いてから、カットしたさつまいも同様、フリーザーバッグに入れて空気を抜いて保存します。

冷凍したさつまいもを使いたいときは、レンジで解凍。
または凍ったまま茹でてもOK。

天ぷらにするならレンジ解凍してから使い、煮ものにするなら凍ったまま煮込んでも良いですね。

1本まるごと冷凍したさつまいもは、焼き芋にもできます。
凍ったままオーブンなどで焼くだけです。

さつまいもの保存に水洗いしてしまったら

さつまいもは保存するなら水洗いしないほうが良いのは前述したとおりです。
しかし実は私管理人は、さつまいもを水洗いしてしまったことがあります。

使うはずだったのが今すぐ使わなくなってしまい、すでに水洗いを済ませたさつまいもを前に困ってしまいましたが、以下の方法でそれから2週間保存しておいても大丈夫でした。

参考までに、そのときの方法をご紹介します。

⒈ 水洗いしたさつまいもの水気をしっかり取る
⒉ 新聞紙に包む
⒊ カゴに縦に入れて風通しの良い場所で保存

さつまいもの状態にもよるので必ず大丈夫だとは言い切れませんが、冷凍するにも、水洗いしてしまったさつまいもの数が多過ぎるなどというときに試してみてください。

まとめ

サツマイモは水で洗ってしまうと保存が効かないとは言いますが、絶対に保存できないわけでもないように思います。

確かに味に差はでてしまうかもしれませんが、その後正しく保存すれば、案外長持ちするかもしれません。

スポンサーリンク

-食品
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷たいご飯が食べられない お弁当の冷たく硬いごはんが苦手な時の対処法

冷たいご飯が苦手。 レンジで温められる状況なら温め直したいけれど、状況によってはそうもいかないこともあります。 職場や学校に持って行くお弁当などは特にそうですよね。 ご飯が冷めて硬くなり、どうしてもお …

水筒のお茶の賞味期限は?味が変わる原因とオススメはどれか

マイボトルにお茶を淹れていきたい。 でも自分で入れたお茶って、賞味期限はどれくらいなのか気になりませんか? お茶を水筒に入れておいて飲もうとしたら、変な味がしたり。 変色して赤茶色っぽくなってしまった …

温泉卵を温度計なしで作るには 温度が測れないときの作り方

温泉卵を作るには温度が重要。 でも温度計を持っていない! そんな家庭も多いのではないでしょうか。 温度計なしでお湯の温度が測れなくても、温泉卵は作ることができます。 温度計がないときの温泉卵の作り方を …

みかんの保存方法 長持ちさせておいしく食べる保存のポイント

甘酸っぱいみかんは、コタツとセットで冬の風物詩の一つですよね。 コタツに入って温まっていると、無意識にみかんの皮を剥いていたり^^ そんなおいしいみかん。 時期になると大量にいただいたり、箱買いしたり …

梅雨のお弁当には注意が必要 傷みにくいおかずとおにぎりの握り方

梅雨の時期から夏にかけて、食材は傷みやすくなります。 普段家で食べる食事にももちろん気をつけなければいけませんが、気をつけていても不安なのがお弁当。 できたて、加熱したてを食べるわけではなく、作ってか …

最近のコメント