ハロウィン

傷口メイクの方法 用意するものは安価で作り方は簡単な「傷」レシピ

投稿日:2018年7月10日 更新日:

ハロウィンを盛り上げる仮装。

そんなハロウィンっぽい、ホラー感満載のメイクといえば「傷口メイク」です。

傷口メイクは難しそうな印象がありますが、案外簡単に作ることができるのです。

100均などでも揃えられるおなじみのアイテムを使った、簡単な傷メイクの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク
  

傷口メイクの方法

傷口メイクの方法はいくつもありますが、最も手軽に簡単にできるのが「3色ボールペン」を使った方法ではないでしょうか。

「赤」「青」「黒」の水性の3色ボールペン。
もちろんバラでもOKです。

【ボールペンで傷口メイクの作り方】

⒈ 傷口を作りたい部分に黒ペンで線を引く
⒉ 綿棒に水をつけて、線をぼかす
⒊ 最初の黒い線に沿って、赤ペンで線を引く
⒋ 綿棒で赤線をぼかす
⒌ 1~4を繰り返す
⒍ 時々青ペンで青を足して、血の色や傷周辺の皮膚の色を濁らせ、綿棒でぼかす
⒎ 最後は赤ペンで、傷口からわずかにはみ出るように線を引く

綿棒を使用していますが、指を使っても、また違う感じでリアルになります。

今すぐ試せる方法なので、チェレンジしてみてくださいね。

ただし水性ボールペンとはいえ、何度も重ね塗りするので落とすときに落ちにくいかも。
線が消えずに明日困ることになるかもしれないので、影響のないときに試してみましょう。

傷口メイクで用意するものは?

傷口メイクで用意するものに、大げさなものは必要ありません。
実は手持ちのアイテムでできる場合も多いのです。

あいにく手持ちの道具がなかったとしても、ほとんどは100均などで揃うものばかりなので、用意するのは簡単です。

もちろん、傷口メイクのレシピによって使用するものも変わってきます。

基本的に欲しいものは
「水のり」か「木工ボンド」、もしくは「アイプチ」や「つけまつげをつけるグルー」や「水ばんそうこう(液体絆創膏)」
「ティッシュペーパー」
「アイシャドウ」
そして「血」を表現するための「赤いもの」

これは血糊を使っても良いし、水彩絵の具を使ってもOK。
リップグロスなどでも血液感は出ます。

ちょうど手元にあるとか、揃えやすいものを選んでみてくださいね。

【A】【B】【C】の組を作ってみました。
今すぐ揃えられる組があれば、集めてみてくださいね。

【A】
・ティッシュペーパー
・リップグロス
・アイシャドウ(赤・青・黒)
・コンシーラー
・化粧下地
・アイプチ
【B】
・ティッシュペーパー
・木工用ボンド
・リキッドファンデーション
・アイシャドウ(赤・青・緑・黒)
・つまようじ
・血糊
・ドライヤー
・スポンジ
【C】
・のり
・水性ペン(マーカー)
・綿棒

傷口メイクは簡単

傷口メイクは簡単にできます。

先ほど用意したアイテムを使って、組ごとに傷口を作ってみましょう。

スポンサーリンク
【A】・ティッシュペーパー
・リップグロス
・アイシャドウ(赤・青・黒)
・コンシーラー
・化粧下地
・アイプチ
《傷口メイクの作り方 A》

⒈ 傷を作りたい部分に化粧下地を塗る
⒉ のり(アイプチ)を傷の形に塗る
⒊ のりを塗ったところにティッシュをちぎって貼る
⒋ コンシーラーでティッシュを肌色に塗る
⒌ 傷口の内側に赤、外側に青のアイシャドウを塗る
⒍ バランスを見ながら黒のアイシャドウを重ねる
⒎ 赤のアイシャドウで傷口をぼかす
⒏ 傷周辺にもアイシャドウで色づけ
⒐ 傷口にリップグロスを塗る

【B】
・ティッシュペーパー
・木工用ボンド
・リキッドファンデーション
・アイシャドウ(赤・青・緑・黒)
・つまようじ
・血糊
・ドライヤー
・スポンジ
《傷口メイクの作り方 B》

⒈ 傷口を作りたい場所とその周辺に、アイシャドウ前色をまばらに塗る
⒉ 木工用ボンドにリキッドファンデーションを混ぜる
⒊ 乾いてしまう前に塗り、イメージする傷口の大きさより少し大きめにボンドを伸ばす
⒋ つまようじでボンドに「傷口」となる切り込みを入れる
⒌ 傷口メイクのボンドの外側を、つまようじを使って皮膚となじませる
⒍ ドライヤーで乾かす
⒎ 傷の切込み部分にちぎったティッシュをつめる
⒏ そこに血糊を塗る
⒐ スポンジで血のりを広げるようにぼかす

血糊は市販のものを使っても良いし、手作りしても良いですね。
血糊を口から吐くには 口に入れるなら食べることのできる材料で作ろう

代わりにリップグロスや絵の具を使っても。

【C】・のり
・水性ペン(マーカー)
・綿棒
《傷口メイクの作り方 C》

⒈ 傷口メイクを作りたい部分に赤いペンで色を塗る
⒉ その外周を綿棒でぼかす
⒊ 黒いペンで傷口の線を引く
⒋ 周辺を綿棒でぼかす
⒌ 綿棒に水を含ませ、全体的にぼかす
⒍ 好みの傷口になるまで1~5を繰り返す
⒎ 水のりを色のついた部分と周辺に塗る
⒏ 半乾きになったら、綿棒で傷口の周りを盛り上げるように整える

うまく描けないときは、マーカーだけでなくボールペンも使うと傷感が出やすいです。

まとめ

いかがでしたか?

ハロウィンの仮装は衣装なども揃えないといけませんが、傷メイクをすれば、私服でもゾンビっぽく演出できてクオリティも高く見せられます。

ちなみに、管理人が実際にやってみた傷メイクはこちら→ 傷メイクを簡単にアイシャドウで 自前アイテムでできる作り方と使う色

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

-ハロウィン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハロウィンの手作り簡単おばけ/飾りつけや遊びにゴーストを製作しよう

ハロウィンを盛り上げる飾りつけに、手作りで簡単なおばけを作ってみませんか? 怖~いゴーストも楽しく製作して、ハロウィンパーティーを盛り上げましょう。 小さな子どもでも作れるような、簡単な作り方です。 …

傷メイクを簡単にアイシャドウで 自前アイテムでできる作り方と使う色

ハロウィンにゾンビなどの仮装をするなら、本格的な傷メイクにもチャレンジしてみたいところです。 アイシャドウを使って傷口メイクができるらしいけれど、本当にできるのかな? 特別なアイシャドウがないと無理? …

血糊が服について落ちない!ついてしまった血のりの落とし方

ハロウィンなどのイベントでコスプレを楽しむ人が増えてきました。 その楽しいコスプレで使用することの多い「血糊」ですが、服についてしまって落ちない!なんてことありませんか? 服についてなかなか取れない「 …

血糊を口から吐くには 口に入れるなら食べることのできる材料で作ろう

ハロウィンなどの仮装パーティーやイベント。 ホラーなコスプレをするときに、しっかり演出したいのが「血」です。 「血糊」を口から吐いたり、口周りにつけるときには、食べてもOKな材料を使わないと不安ですよ …

ハロウィンのコスプレは簡単に済ませたい 私服でもできる仮装アイデア

ハロウィンにコスプレをすることになったけれど、できるだけ簡単に済ませたい。 わざわざ仮装グッズを買うのも、最低限に抑えたい。 そんなあなたのために、私服でもできる仮装アイデアや、ちょっとした工夫でハロ …

最近のコメント