クリスマス

イルミネーションの家庭の電気代は?目安と自宅で節約しつつ楽しむ方法

投稿日:

キラキラきれいなイルミネーション。
クリスマスなどのイベント気分を盛り上げてくれる素敵なアイテムですよね。

そんなイルミネーションを家庭でも飾りつけして楽しみたい。

でも、電気代ってどれくらいかかるものなのでしょう?

家庭でイルミネーションをつけたときの電気代計算方法。
電気代を節約しつつ、イルミネーションを楽しむ方法をまとめました。

スポンサーリンク
  

イルミネーションの家庭の電気代は?

イルミネーションの家庭の電気代は、こちらの計算式で計算できます。

イルミネーションの消費電力(kw数)× 1日の使用時間 × 日数 × 電力量料金(kwh)

例えば、お使いのイルミネーションの消費電力が「80w」。
電力量料金を「22円/kwh」。
1日「5時間」、月日数「30日」点灯するとして計算すると

0.08×5時間×30日×22=264

ということで、月に264円の電気代がかかるということになります。

どうでしょう?
思ったほどイルミネーションの電気代はかからないな、と思いませんか?

ただし、イルミネーションの商品ごとに「消費電力」は違います。
電気量料金も、家庭によって契約内容や地域別に変わってきますので、上記の例はあくまでも目安で。

現在の電気料金を確認してから、計算してみてくださいね。

自宅イルミネーションの費用はどれくらい?

自宅イルミネーションの費用は、電気代でいえば前述したとおりです。

室内にイルミネーションを点けるのであれば、イルミネーション本体と電気代のみで楽しめます。
コードが足りなければ延長コードを足すくらいですね。

屋外にイルミネーションを取り付けるのであれば、「イルミネーション本体」と「漏電対策グッズ」「風雨対策グッズ」なども必要になります。

環境によって様々なので費用もそれぞれの家庭で変わってきます。

屋外に防雨コンセントがあり、漏電対策もすでにきちんとされている状態であれば、屋外用のイルミネーションを購入するだけで済むでしょう。

スポンサーリンク

もしコードの長さが足りなければ、屋外用延長コードも用意しなければなりません。

また、屋外にイルミネーションを飾るのなら、風で飛ばされると危険です。
しっかりとめるために、結束バンドやフックなども用意してくださいね。

イルミネーションを節約しつつ楽しむなら

イルミネーションは節約しつつ楽しみましょう。

イルミネーションを楽しむための電気代節約方法をご紹介します。

・ソーラー蓄電タイプのイルミネーションにする
・LEDのイルミネーションを選ぶ
・点灯時間を決めておく

【ソーラー蓄電タイプのイルミネーションにする】
ソーラーで充電できるタイプのイルミネーションなら、蓄電できていれば電気代はかかりません。
日中の陽射しの加減にもよりますが、できればソーラーにしておいたほうがお得です。

【LEDのイルミネーションを選ぶ】
今はほとんどLEDが多いとは思いますが、やはりLEDはかなり電気代節約になります。
白熱電球のイルミネーションと比べると約1/4ほどの電気の消費量。
かなり違いますよね。

LEDは購入するときは多少お値段も高くなりますが、持ちも良いので結局コストパフォーマンスも良かったりします。

【点灯時間を決めておく】
イルミネーションの点灯時間は定めておいたほうが良いでしょう。
だらだらと点けておくと、電気代がかさみます。

屋外なら特にそうですが、マナーの面から見ても夜中までずっとイルミネーションを点けてしまうと、ご近所に迷惑に思われる恐れもあります。

まとめ

イルミネーションを家庭で楽しむのに気になる電気代ですが、イルミネーションの消費電力をチェックして計算しておくと、大体の目安が出て安心できますね。

きれいな飾りつけをして、クリスマスを盛り上げましょう。

スポンサーリンク

-クリスマス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスマスケーキは2人用で カップルにぴったりなアートなケーキ特集

クリスマスには彼女が喜んでくれるケーキを用意したい! ケーキにおいしさは欠かせませんが、案外、女性受けが良いのは「見た目の美しさ」。 女性はきれいなものが大好きです。 どうせなら彼女が喜ぶような、フォ …

最近のコメント