ボディケア

ウォーキングは効果ない?いつごろ出るの?効果アップする正しい歩き方

投稿日:

ダイエット目的でウォーキングを始めたけれど、ほとんど体重が減らない。

ウォーキングってダイエット効果ないの?
いつごろになったら効果を実感できるの?

その不安、ウォーキングに関する正しい知識不足が原因かもしれません。

ウォーキングの効果をアップする「正しいウォーキングのやり方」をご紹介します。

スポンサーリンク
  

ウォーキングは効果ない?

ウォーキングは効果ないと思っていませんか?

「がんばってウォーキングしてみたけれど、一向に痩せる気配がない」
という悩みは案外よく聞くものです。

「ウォーキングでは痩せられない」
なんて説も耳にすることもありますよね。

確かに、ただ漠然と歩いていても痩せるのは難しいかもしれません。

間違ったやり方では、ダイエットに効果的であるとは言えないのです。
ウォーキングでのNG行動をしていないかどうか、まずはチェックしてみましょう。

□ 20分も歩いていない
□ 歩く速度が遅い
□ 歩く姿勢が悪い
□ 歩いた後にたくさん食べる
□ ウォーキングを初めてまだ間もない

ウォーキングが効果ないと感じられる原因として、「ウォーキングしている時間が少ない」ということが考えられます。

10分や20分ウォーキングしただけでは、こと「ダイエット」が目的の場合、ちょっと運動量が不足しているかもしれません。

脂肪1gは9kcal。
そうすると体重1㎏減量したいのなら、9000kcalを消費しないといけないのでしょうか。

脂肪は単なる脂のかたまりのように思いますが、実は「脂肪細胞」の中に蓄えられており、純粋な脂質は8割程度。
残りの2割は水分やほかの物質で構成されています。

体重を1㎏減らしたい!と思えば、

9kcal×1000g×80%=約7200kcal

約7200kcalの消費エネルギーが必要ということです。

これを1日に換算すると7200kcal÷30日=1日あたり240kcalとなるので、毎日240kcal。

ウォーキングする人の体重や歩く速度などによっても変わってきますが、大体1時間は歩かなければ、240kcalは消費できません。
(1時間ウォーキングで約150~350kcalを消費する)

10分や20分のウォーキングでも健康のために無駄だということではありませんが、ダイエット目的でその効果を求めたい場合は、最低でも1時間のウォーキングは必要になってきます。

歩く姿勢や速度も重要です。
ただ単に歩いていても、正しいウォーキングだとはいえません。

ウォーキングにもフォームがあります。
正しいウォーキングフォームのまま走り出せば「ランニング」になると言われています。

それをイメージしつつ、効果の出やすい正しいウォーキングフォームを身につけましょう。

【ウォーキングの正しい姿勢】
⒈ 頭が引っ張り上げられているイメージで背筋を伸ばす
⒉ おなかを引っ込める
⒊ 顎を軽く引き、視線を前へ
【ウォーキングの正しい足の運び】
⒈ かかとから着地
⒉ つま先で後ろに蹴り出すようにして歩く
⒊ 膝はできるだけ伸ばす
⒋ かかとや足の指がしっかり地面に着くように歩く

がんばってウォーキングをしても、そのあと食欲に負けてしまってはカロリー消費にはなりません。

スポンサーリンク

240kcalは大体ごはん一膳分ほど。
ダイエットが目的のウォーキングであれば、食事制限もきっちり取り入れていきましょう。

ただし無理な食事制限は、痩せたところで健康にも美容にも良いことはありません。
美しく痩せるには、無茶なことは禁物です。

ウォーキングはゆっくりとその健康効果を実感できるもの。
始めたばかりですぐに減量できるわけではありません。

気長に続けてみましょう。

ウォーキングの効果はいつごろ出る?

ウォーキングの効果はいつごろ出るのか、気になると思います。

減量を実感できるまでは気長に待つとはいっても、やっぱり効果が目に見えないと、ウォーキングを続けるモチベーションも保てませんよね。

2~3週間で贅肉が落ち始める人もいれば、2カ月経っても変化なし、という人もいるでしょう。

ウォーキングの効果がどれくらいで出るのかというのは、当然その人がウォーキングにかけた時間や、どれくらいの速度で歩いたか、どれくらいの距離を進んだか、などによるところが大きいです。

そのため一概に言えないところではあります。

ウォーキングでのダイエットは、成果が実感できるのがゆるやかではあります。
しかしゆっくりと痩せていく分、急速に痩せるダイエットより、リバウンドが少ないという利点があります。

長期的な視点で見れば、ウォーキングは理想的なダイエットであるといえるでしょう。

ウォーキングの効果をアップさせるには

ウォーキングの効果をアップさせるには「正しいフォーム」で「習慣的に」続けることです。

そして忘れてはいけないのが「呼吸」。

ウォーキングは有酸素運動です。
呼吸を意識することで、効果も期待できます。

息を吸うのが1割なら、息を吐くのが2割といった感じで、息を吸うより吐くのを長く取って歩きましょう。
ご自分の歩幅や歩くスピードに合わせて、2歩分吸って4歩分吐く、というふうに、歩いてみてください。

慣れれば自然とウォーキングのテンポも良くなり、歩くのが楽しくなるはずです。

そして食事。
食前のウォーキングがいいのか、それとも食後がいいのか悩みどころですが、これはどちらでもOK。

食前の空腹な状態でウォーキングをすると、脂肪燃焼が効率的になります。
食後のウォーキングだと、摂取した糖質が脂肪へと変わる前にカロリー消費することができます。

一般的によく聞くのが、食前の空腹時のウォーキングが良いということですが、大切なのは自分に取って継続しやすいかどうかです。

また、体調や持病の有無によっても、食前や食後のどちらが良いかは変わってきます。

ウォーキングを続けやすい時間帯でやるのが長続きしやすいため、結局はダイエットに効果的であると言えるでしょう。

ただし注意点として、食前のウォーキングは低血糖にならないように気をつけてください。
食後の場合は、食べてすぐウォーキングするのではなく、食後30分~1時間ほど置いてからにしましょう。

まとめ

「ウォーキング」と気負わなくても、歩くことはそれだけで健康維持に役立ちます。

正しいウォーキングはダイエットだけでなく、筋肉も骨も強くなり、ストレス発散にも効果的であるといいます。

気持ちよく歩いて、ウォーキングを楽しみましょう。

スポンサーリンク

-ボディケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唇の皮むけが毎日!それってただの乾燥じゃないかも 原因と対処法

唇の皮が異常に剥ける。 リップを塗って毎日ケアしているのにも関わらず、一向に治る気配がない。 そんなあなたの唇は、ただの乾燥で皮むけを起こしているのではないのかもしれません。 唇の皮がむけるときの原因 …

保湿に水を飲む 肌の潤いのために水分補給は意味があるのか【乾燥対策】

お肌にとって乾燥は大敵! 肌の保湿のために。 肌の乾燥対策として、水を飲むのはどうなのでしょうか? 肌の保湿に水分補給は関係あるのか。 水を飲むことと肌の保湿についてまとめました。 スポンサーリンク …

かかとが乾燥で割れる もしかして水虫?痛いひび割れのケア

かかとが乾燥して硬くなった角質がひび割れる。 とっても痛いですよね。 これって本当に乾燥? ひょっとして水虫? 乾燥と水虫の見分け方と、乾燥かかとのケア方法をまとめました。 スポンサーリンク スポンサ …

指のあかぎれが痛い!ひび割れた指先の保護方法と対策法はこれ

冷えと乾燥に悩まされる季節になると、つらくなるのが指のあかぎれやしもやけです。 あかぎれがあると滲みるし痛いし、ちょっと憂鬱な気分にもなりますよね。 ひび割れしやすいタイプの方は、毎年指先の痛みに悩ま …

ムダ毛にカミソリは毛穴が目立つ 肌に優しく綺麗に処理するには

肌を出す機会が多くなってくると、気になるのがムダ毛です。 セルフケアでムダ毛処理をしている人は多いでしょうが、カミソリで沿ったあとに毛穴のブツブツが目立つことってありませんか? カミソリ負けしたり、ひ …

最近のコメント