スキンケア 美容

肌の保湿は食べ物・飲み物から 乾燥するのは栄養不足なのかも

投稿日:2018年6月10日 更新日:

乾燥肌には保湿を!

でも化粧水や乳液などでお肌の保湿をするだけでは、不十分かもしれません。

お肌を作るのは食事から。
体の栄養が足りていなければ、肌への栄養も不足して、うるおいのない乾燥肌になってしまう恐れも。

肌の保湿にはどんな食べ物が良いのか。
飲み物は何が良い?

乾燥肌を保湿する食べ物・飲み物をご紹介します。

スポンサーリンク
  

肌の保湿は食べ物で

肌の保湿に食べ物が良いというのは、一見意外なようですが当然のことです。

もちろん紫外線やアレルゲン・外気に直接触れているお肌は、化粧水などによる外側からのケアが大事。

しかし食べたもので作られている私たちの体ですから、保湿のためには食べ物による内側からのケアも重要になってきます。

□ ちゃんとスキンケアをしているのに、なぜか乾燥してしまう
□ 肌に保湿力が足りない気がする
□ 最近栄養が不足している自覚あり

もし上記にチェックが入るようなら、食材や食事に気をつけることで、乾燥肌の内側からの保湿力UPに大いに期待できます。

肌の保湿力を上げる食べ物の前に、「乾燥肌になりやすい食べ物や習慣」も押さえておきましょう。

【乾燥肌になりやすい食べ物】
・お菓子
・菓子パン
・ジュース
・冷たいもの
【乾燥肌になりやすい習慣】
・朝食抜き
・油を抜いた食事
・糖質制限ダイエット

甘いお菓子やスナック菓子など、たまには楽しみたいものですよね。
しかし習慣的にたくさん摂り過ぎるのは、やはりお肌に良い影響はありません。

糖分の摂り過ぎはお肌の糖化を生み、乾燥肌や老化などの原因にもなりかねません。

甘いジュースも、結構な量のお砂糖が使用されているので要注意。
また、冷たいものは体を冷やすので、血行不良を呼び乾燥肌につながることも。

習慣としては、朝食抜きもお肌の保湿力に不安がある人にはおすすめできません。

朝ごはんを食べると体温が上昇します。
体温の上昇は代謝を良くし、代謝が高まるとお肌にも良い影響が期待できます。

油を抜いた食事も、度が過ぎると乾燥肌の原因に。
適度な油分は保湿のためには必要です。

そして糖質制限ダイエットなどで、ご飯を抜いた食事を続けたりすることも、うるおい不足の乾燥肌の原因に。

なんでも極端は良くない場合が多いですね。
糖質も適度に摂らなければ、体のバランスも整いません。

肌の乾燥は栄養不足から?

肌の乾燥は栄養不足からくる場合も。

それは逆にいえば、栄養バランスの良い食べ物を摂取することで、乾燥肌の保湿力を上げることも可能だということ。

それでは、肌の乾燥を防ぎ、肌の保湿に役立つ栄養素を見て行きましょう。

【タンパク質】
細胞を作るために必須な栄養素。
筋肉や血液、骨の材料となる。
肌の潤いのためには、優先して摂りたい。

(タンパク質が豊富な食材)
肉 魚 大豆

【亜鉛】
人体必須のミネラル。
タンパク質などの合成に関わる酵素の構成成分となる重要な成分。
亜鉛不足は肌や髪に表れやすい。

(亜鉛が豊富な食材)
牡蠣 牛肉 豚レバー 卵 高野豆腐

スポンサーリンク

【ビタミンA】
脂溶性ビタミンの一種。
皮膚・粘膜の状態を正常に保つ。

(ビタミンAが豊富な食材)
レバー うなぎ 緑黄色野菜

【ビタミンB群】
肌の再生力を高め、ターンオーバーを正常に保つ。

(ビタミンB群が豊富な食材)
豚肉 レバー うなぎ かつお アボカド 納豆

【ビタミンC】
抗酸化作用があり、紫外線への抵抗力をつける。
コラーゲン生成の手助けとなる。

(ビタミンCが豊富な食材)
果物 野菜 イモ類

【ビタミンE】
血行促進と新陳代謝を促す。
抗酸化作用があり、血管を健康に保つ。

(ビタミンEが豊富な食材)
ナッツ類 植物油 かぼちゃ キウイ アボカド いわし

どれを集中して摂る、というよりも、食べ物で何より重要なのは「バランス」です。

バランスよくあらゆる食材を摂取すれば、自然と乾燥肌もうるおいを取り戻せるはず。

「バランスの良い食事」といわれてもピンとこないこともあるかと思います。
そんなときは「彩りの良い食事」を意識すると、自然と栄養バランスの良い食事ができていることも多いものです。

そして食事の影響は継続することによって、徐々に実感してくるものです。

バランスの良い食事は続けるからこそ、乾燥肌改善につながっていきます。
ぜひ続けて、じっくりと肌の保湿力を高めましょう。

肌の乾燥と飲み物

肌の乾燥には飲み物にも気をつけたいですね。

水分不足はやはり、お肌のうるおいも不足させがちに。
保湿に水を飲む 肌の潤いのために水分補給は意味があるのか【乾燥対策】

乾燥肌対策や美肌作りのため、普段飲むのに適しているのは、諸説ありますがやはり「ミネラルウォーター」ではないでしょうか。

常温のミネラルウォーターを1日1.5~2Lほど摂取することで、新陳代謝を促し、肌を良好な状態へ近づけてくれることが期待できます。

冷たい水は体を冷やすので、あまりおすすめできません。
温めて飲むと、体も温まって良いですね。

お湯じゃ味気ない、なんてときは、もちろんお茶でもOK。

カフェインがどうとか色々言われますが、個人的には甘いジュースでなければ、好きな飲み物を飲んで良いのではないかと思います。

ちなみに緑茶には、保湿にも良いと言われる亜鉛やビタミン類も豊富に含まれているので、お肌の乾燥対策としても期待できますね。

カテキン訴求

ただし緑茶しか飲まないとか、ココアしか飲まない、などと、極端な嗜好の偏りは避けるべき。

基本はミネラルウォーターで水分補給をして、合間に好きな飲み物を飲む、という形が、ストレスもなくて良いのではないかと思います。

ストレスも美肌の敵ですから。

まとめ

乾燥肌対策として有効なのは、やはり肌自らのバリア機能を強くすること。

肌を保湿する食べ物や飲み物を意識して摂って、乾燥をものともしない美肌力を磨きましょう。

スポンサーリンク

-スキンケア, 美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

髪の後頭部のうねり 部分的にうねうねチリチリする原因と改善法

後頭部の髪の毛だけなど、頭の一部分のみに出る髪のうねり。 他の部分はストレート。 なのにどうして後頭部の髪だけがうねっているのでしょうか? 部分的に発生する、髪のうねりの原因と対処法をご紹介します。 …

肌荒れで洗顔が痛い ヒリヒリする敏感なお肌への優しい洗顔のやり方

肌荒れで顔がピリピリ痛い。 洗顔をすると肌荒れした肌がヒリヒリする。 そんなダメージを受けて敏感な状態の肌のときは、洗顔するのもためらわれます。 洗顔すると痛いほどの肌荒れのときに、できるだけ肌に負担 …

最近のコメント