スキンケア

肌荒れで洗顔が痛い ヒリヒリする敏感なお肌への優しい洗顔のやり方

投稿日:

肌荒れで顔がピリピリ痛い。
洗顔をすると肌荒れした肌がヒリヒリする。

そんなダメージを受けて敏感な状態の肌のときは、洗顔するのもためらわれます。

洗顔すると痛いほどの肌荒れのときに、できるだけ肌に負担をかけないように顔を洗うにはどうすれば良いか。

肌荒れや敏感肌の人の、肌に優しい洗顔方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

肌荒れで洗顔が痛い

肌荒れで洗顔すると痛い。
そんなときは顔を洗うことで、さらに肌にダメージを与えてしまっているのではないかと不安になりますよね。

敏感肌だったり肌荒れしがちな場合、洗顔時には注意が必要です。

また、肌の負担になる間違った洗顔方法をしてしまっているのが原因で、肌荒れが治まらないということも考えられます。

洗顔が肌荒れのトラブルに繋がっている場合、以下のような原因が考えられます。
肌荒れした肌の負担にならない洗顔方法の前に、まずは洗顔で肌荒れの原因を作っていなかったかチェックしてみましょう。

・汚れが落とし切れていない
・クレンジング剤や洗顔料の刺激が強過ぎる
・顔のこすり過ぎ
・シャワーを直接顔に当てている
・きれいにすすげていない

【汚れが落とし切れていない】
メイクの汚れが落とし切れておらず、肌荒れの原因になっていることも考えられます。
しっかりメイクの日などは、特に念入りにメイクを落とすようにしたいですね。

メイクをしていなくても、バシャバシャ顔に水をかけるだけで洗顔終了!なんて人も要注意。
充分に皮脂汚れが落とし切れていない可能性もあります。

【クレンジング剤や洗顔料の刺激が強過ぎる】
クレンジング剤や洗顔料が強力なものだと、肌にかかる負担も大きくなります。
敏感肌や肌荒れしやすいタイプの人は、敏感肌用のクレンジング・洗顔料を使用するようにしましょう。

洗顔料をあまり泡立てずに顔につけるのも、肌の負担になります。

クレンジングでいえば、刺激の少ないミルクタイプが良いですね。
シートタイプなどは肌をこするので、肌荒れ中はやめておいたほうが良いでしょう。

【顔のこすり過ぎ】
ゴシゴシと顔をこするのは、当然NG。
顔の肌を傷め、肌荒れを起こしかねません。

肌はとにかく優しく、極力刺激を与えないように。
こすりすぎは厳禁です。

【シャワーを直接顔に当てている】
シャワーのお湯をそのまま顔に浴びる人もいますが、これも顔の肌への刺激になるのでやめましょう。
肌荒れしやすい敏感肌には、とにかく刺激の少ない洗顔方法をするのが大切です。

【きれいにすすげていない】
すすぎが不充分で汚れや泡が肌に残っていると、肌荒れの原因になったり、肌荒れを悪化させやすくなります。
洗顔のすすぎは充分に。
泡が残りやすいフェイスラインは特に気をつけたいところです。

肌荒れでの洗顔のやり方

肌荒れでの洗顔のやり方は、一にも二にも「刺激を与えない」ことが重要です。

本来であれば、肌荒れしている最中にメイクはしないほうが良いです。
メイクそのものが刺激になるし、メイクをクレンジングで落とすことでも、お肌の刺激になってしまうからです。

しかし肌荒れしていようと、メイクが必須な場合もあります。

いかに肌への刺激を少なく洗顔するかが、肌荒れ解消のための第一歩。

現在肌荒れをしていて、洗顔するのも痛い。
あるいは洗顔後に顔がヒリヒリとして痛い。

などというときは、特に刺激の少ない優しい洗顔をしなければいけません。

洗顔は35℃くらいの、熱くも冷たくもないぬるま湯を使います。

⒈ 手を洗う
ここは省いている人が多いのではないでしょうか。
洗顔の前には、まず手を洗うことをおすすめします。
メイクをしていないときであれば、顔も軽く素洗いしておくと良いでしょう。

⒉ メイク落とし
ミルクタイプなど、敏感肌にも優しい刺激の少ないタイプのメイク落としを使用します。
量はたっぷりと。
少量だと指の刺激が強く伝わり過ぎて、こすりすぎになりがちです。
多めのクレンジングをつけて、指の腹でクルクルと回しながら、細かい部分までしっかりとやさしくメイクを落とします。

⒊ すすぐ
手でこするのではなく、ぬるま湯のみが肌に触れるようなイメージで、クレンジング成分を丁寧にすすいでいきます。

スポンサーリンク

⒋ 洗顔料はしっかり泡立てる
石けんタイプでもクリームタイプでも、どのタイプでもとにかくしっかりと泡立ててください。
ホイップクリームのような泡を目指しましょう。
泡タイプの洗顔を使用するのも良いですね。
手で顔を洗うのではなく、もこもこの泡のみが肌に触れるようにして洗います。
洗い残しには注意です。

⒌ しっかりすすぐ
ぬるま湯でしっかりと泡を落としてください。
ここでも手でゴシゴシこするのではなく、優しくすすぎます。
すすぎ残しのないように、フェイスラインなどは特に注意してくださいね。

⒍ タオルで水気を拭く
タオルはゴワゴワしていない、優しい肌触りのものを選びましょう。
ここで刺激を受けて、肌荒れのヒリヒリした痛みが増す場合もあります。
やわらかいタオルで、顔をこすらずポンポンと置くようにして水気を取ります。

⒎ 化粧水・乳液をつける
つけるとヒリヒリする化粧水はつけないように。
敏感肌用の、肌への刺激が少ない化粧水を選んでくださいね。
化粧水のあとは乳液でフタを。
顔の肌に触れる回数を減らすために、オールインワンタイプのゲルなどを使用するのも良いでしょう。

どれも刺激になる場合は、馬油などのオイルでケアするか、ワセリンのみで保湿しましょう。

肌荒れや敏感肌にも優しい洗顔のやり方は、肌の調子の良いときから続けておくことで、肌荒れ予防にもつながります。

肌荒れで敏感なときの洗顔は

肌荒れで敏感な時の洗顔は、とにかく刺激を与えないことに注意してください。

ただし刺激をあたえないことに気を遣うあまり、充分に汚れを落とせなかった、なんてことのないように気をつけたいところですね。

正しい洗顔方法といっても、肌質や肌の状態は人それぞれです。

1日2回洗顔すれば良い。
洗顔なしの水洗いのみで良い。
夜は洗顔料を使うけれど朝は使わないほうが良い。

などと色々いわれていますが、「誰にとっても正解」というものは、実はありません。

1日1回の洗顔で肌の調子が良ければそれでOK。
朝も洗顔料を使ったほうがよければ、使うほうがいいでしょう。

「そのほうが肌の調子が良い」と感じれば、それが自分の肌に合った洗顔方法です。

逆に肌荒れなどのトラブルがある場合は、今の洗顔方法の見直しも必要になってきます。

上記の【肌荒れのときの洗顔のやり方】であれば、極力肌の刺激にならないように洗顔できるので、肌の負担を大きく減らすことが可能になるはずです。

ぜひマスターして、肌荒れ知らずの美肌を手に入れましょう。



まとめ

肌荒れで痛いときの洗顔は

・ぬるま湯で洗う
・洗顔料はしっかり泡立てる
・手でこすらず泡で洗う
・タオルで拭くときはゴシゴシこすらない
・洗顔後の肌を乾燥させない

とにかく刺激を与えないように。
やさしく丁寧に洗顔してくださいね。

スポンサーリンク

-スキンケア
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

肌の保湿は食べ物・飲み物から 乾燥するのは栄養不足なのかも

乾燥肌には保湿を! でも化粧水や乳液などでお肌の保湿をするだけでは、不十分かもしれません。 お肌を作るのは食事から。 体の栄養が足りていなければ、肌への栄養も不足して、うるおいのない乾燥肌になってしま …

最近のコメント