革靴の手入れと雨の染み 濡れたレザーのアフターケア

投稿日:

革靴が雨に濡れてしまったら、発生しやすい雨染み。

くっきりとした雨シミを見ると、もう履けなくなるのではないかと不安がよぎりますね。

雨に濡れてしみになってしまった革靴の手入れ方法。

雨シミになった革靴をよみがえらせるアフターケアをまとめました。

スポンサーリンク
  

革靴の手入れは雨の染みの場合こうする

革靴の手入れですが、雨によるシミの場合、なぜこのような雨染みが発生するのかを知っておきましょう。

「そんなの雨に濡れたからに決まっている」
と思われたでしょうが、革靴の雨染みは大抵ソールに近い部分についているはずです。

雨が降っていたのだから、当然アッパー(甲)の部分にも雨はかかっていたのにも関わらず、なぜ雨染みはソールの側にできるのか。

それは、地面に接しているソールから雨水が革に浸透する際、不純物も一緒に吸い上げてしまったからなのです。

水に含まれていた不純物はそのまま残り、雨染みとなって革靴に跡を残します。

これが雨染みの正体です。

合成皮革だと樹脂に覆われているため、多少の雨水にも影響は受けにくいです。
しかし本革の場合、濡れるとどうしても水が染み込みます。

パッと見て革靴の表面が軽く濡れた程度であれば、ついている水分をきれいに拭き取り、ケアをしてあげれば問題ないかもしれません。

でも部分的にくっきりと色が濃くなるほどに、水が染み込んでいたら要注意。
半乾きになっても水が染みている跡が残っていたら、対処しなければそのまま雨染みとして残ってしまいます。

また、雨水に含まれる不純物だけが、雨染みの原因ではない場合もあります。

革靴の【コバ】と呼ばれるソールの側面部分のインクが、雨に濡れて革の部分にまで上がってきてしまい、そのまま乾いてしまいシミになってしまうことも。

いずれにせよ「雨染み」は革靴の濡れた程度と乾き方の程度の差であり、となると対処法としては、革靴全体をおなじ状況にしてあげること。

つまり、真水で一旦革靴をまるごと濡らしてしまうということです。

革靴の雨の日のアフターケア

革靴の雨の日のアフターケアで、雨染みを自力で消すことは不可能ではありません。

革靴を濡らすというと、驚かれる人もいるでしょう。

革製品を水につけてはいけないという話は、まるで常識のように言われていますが、実は革と水は相性が悪いというわけではないのです。

濡れた革が硬くなるなどのトラブルは、濡れたまま放置してしまったことが原因。
水に濡らしたから革がダメージを負ったのではありません。

適切に処置すれば、革靴の丸洗いは理に適った方法です。

いずれにせよ雨シミの正体が、革に染み込んで乾いてしまった不純物である以上、それを落とすにはその不純物を洗い流すしかあないわけです。

革靴を洗うのに必要なグッズ

スポンサーリンク

● ステインリムーバー
● サドルソープ
● スポンジ
● ブラシ
● シュークリーム
● あればシューツリー
(なければ新聞紙)

靴についた雨染みの落とし方

まずは革靴の汚れを落とす
靴ひものあるタイプなら、外しておく。
ステインリムーバーで、革靴の汚れやワックス・油分を落とす。

革靴全体を水で濡らす
スポンジに水を含ませて、革靴全体に均一に水が行き渡るように濡らしていく。
決して擦り過ぎず、やさしく扱うこと。

サドルソープで洗う
ブラシにサドルソープをつけ、革靴の表面をやさしく洗う。
ブラシをくるくると回しながら泡立て、全体に泡を行き渡らせる。

泡を拭き取る
サドルソープで泡立てた泡は、水で洗い流さないこと。
浮き出た汚れだけを布で拭き取る。
サドルソープには革を潤す成分が含まれているので、洗い流さなくてもOK。

シューツリーを靴に入れて形を整える
シューツリーとは、木製のシューキーパー。
革靴の形を整えるだけでなく、木製なので除湿や脱臭の効果もあり、おすすめ。
もちろん普通のシューキーパーでも可。
シューキーパーもなければ、新聞紙を丸めて革靴の中に詰め、シワをのばして整える。

陰干しする
直射日光は革にはNG。
風通しの良い日陰で干すこと。
踵を浮かして壁などに立てかけておくと乾きやすい。
新聞紙を入れた場合、時折新しい新聞紙と交換すること。

シュークリーム(靴クリーム)を塗る
乾いたら、あとはいつものお手入れと同じ要領で。
水洗いや乾燥させる際に落とした油分を、革靴に補ってあげる。

注意点として、丸洗いに適さない革靴の種類もあります。

石鹸(サドルソープ)を使うので、スエードやヌバックなどの毛羽立ちのある革素材には向きません。
起毛に石鹸がくっついてしまうのです。

また、エナメルなどの艶のある革靴も、丸洗いすることによってその光沢に影響が出てしまう場合もあり、おすすめできません。

染料によっては、牛革でも難しい場合があります。
薄い色味の水性染料で染められた牛革は、シミになる恐れがあります。

履いている革靴が薄めの色であれば特に、染料を確認してからが良いですね。

まとめ

革靴を丸洗いすれば雨染みが落ちるなんて、驚きですよね。

そもそも雨染みがセルフケアで改善するなんて、思いもしないのではないでしょうか。

もし不安があれば、靴修理や靴クリーニングにお任せするのが確実です。
ただ一応の原理としては、革靴の丸洗いは雨染み対処法として正しい方法なのです。

「雨染みがひどいから処分するしかないかな」
と思うくらいなら、せっかくだからやってみるのも良いかもしれません。

革靴の丸洗いをしてみると、仕上がりの気持ちの良さに癖になってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク

-
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

下駄箱のカビ防止 湿気対策と靴箱の除湿グッズおすすめはこれ

湿度の高い梅雨や、高温多湿になりがちな夏場は、下駄箱の中にカビが生えやすい時期でもあります。 靴箱にカビができると、大切な靴にまでカビの胞子が付着して、靴がカビまみれ!なんてことも。 カビが生えたり、 …

革靴に雨がしみこむ!濡れたときの対処法と雨天におすすめの靴

雨の日に、履いていた革靴に雨がしみこんでくる。 結構値の張る革靴だったのに。 まだそんなに使い込んでいないし、古くなっているわけでもないのに。 革靴に雨が滲み込んでしまうのには、理由があります。 濡れ …

革靴は雨でも大丈夫?防水スプレーの使い方と雨の日向きの革靴とは

気に入っている革靴を履いて出かけたいけど、天気予報では雨。 革靴は雨に濡らさないほうが良いと聞くし、履いていくとまずいかな? なんて、疑問に思いますよね。 革靴は雨の日に履いても大丈夫なのか。 履くの …

靴箱と靴にカビが生えてしまったら 落とし方と掃除【靴箱編】

靴箱を開けたら、なんと靴箱と靴にカビが! 特に雨の多い梅雨の時期や夏にかけては、下駄箱内はカビが繁殖しやすい絶好の環境になってしまっているのです。 残念ながらできてしまった靴箱と靴のカビ。 これってど …

サンダルのかかとの浮き対策 固定するには?正しいサイズはどこで見る?

サンダルやミュールは夏の足元には欠かせません。 でもサンダルのかかとって、パカパカして浮いてきてしまうのが難点です。 歩きにくいし、靴ずれしやすくなってしまいますよね。 サンダルが浮くのはサイズが間違 …

最近のコメント