革靴に雨がしみこむ!濡れたときの対処法と雨天におすすめの靴

投稿日:

雨の日に、履いていた革靴に雨がしみこんでくる。

結構値の張る革靴だったのに。
まだそんなに使い込んでいないし、古くなっているわけでもないのに。

革靴に雨が滲み込んでしまうのには、理由があります。

濡れてしまった革靴の対処法と、どんな革靴なら雨でも安心なのかをまとめました。

スポンサーリンク
  

革靴に雨がしみこむのは何故か

革靴に雨がしみこむ。
気をつけて歩いているつもりなのに、靴下までぐっしょり。

靴底に穴が空いているわけでもないのに、なぜ雨がこんなに染み込むのかと疑問に思われるでしょう。
しかし革靴の構造上、革靴に水がしみこむのは当然であり、仕方がないことなのです。

安い革靴だから、ということでもなく、高級ブランドの革靴でも同様です。

むしろ海外製の高級品のほうが、水がしみこみやすい材質を使っていたり、水が浸入して当たり前の構造になっているのです。

高級な革靴の靴底を見ると、ソール自体が革でできています。

レザーソールの革靴は、言うまでもなく雨水が侵入します。
革という素材自体が水を拒みませんし、革は糸で縫ってあるので、その縫い目から雨水はしみこみます。

雨が降れば、水につければ、革靴は濡れるものです。
ですから濡れる前提で、対策を打たねばなりません。

革靴の本場である欧州の気候とは、日本のそれはやはり異なります。

さほど雨が降らない国では、普通に履けている本革の靴でも、日本の雨の降り方と雨量には向いていないといえます。

ゴム底(ラバーソール)の革靴であれば、本革のソールよりは水の侵入もいくらかマシです。
ただしソール以外は、本革ですから、雨水がかかれば水は染み込んできます。

革靴の雨のときの対処法

革靴の雨のときの対処法は、シューケアグッズを使用します。

どうしても今履いている本革の靴を履きたい場合、このようなケアグッズを使って、シューズを守るしかありません。

● 防水スプレー

雨と言えば、やはり防水スプレーです。

防水スプレーを使用するなら、説明書にはしっかり目を通しておきましょう。
革の種類や色によっては、変色する恐れもあるので、気をつけてください。

スプレーなので手軽にできる、革靴の雨対策ですね。

● ソールトニック

靴底に塗れば、水の浸透を防ぎます。

● ポリッシュワックス

ワックス系の靴墨がおすすめ。
クリームでアッパー(甲の部分)を磨き、ポリッシュワックスで仕上げます。

しかし雨の程度にもよりますが、やはり本革の靴は雨の日には向きません。

よく雨が降り雨量も多い日本では、雨の日用としてラバーソールの革靴を持っておいたほうが良いかもしれません。

雨に革靴でおすすめなのは

雨に革靴を履くならおすすめは、合成素材が良いですね。

合成皮革ならば樹脂が表面を覆っているので、本革の靴よりも雨水の侵入を防いでくれます。
雨の日用のビジネスシューズとして、合成皮革でラバーソールの靴も揃えておくと良いですね。

雨の日の靴を選ぶポイントとしては

● ゴムがソールに使われている
● ソールは接着剤でつけられている
● アッパー(甲)部分は合成皮革
● 縫い目の少ないデザイン

と、このような条件の靴がおすすめです。

防水・撥水機能を謳った靴はたくさんあるので、お気に入りの雨専用の一足を用意しておきましょう。

【マドラス ビジネスシューズ】

ゴアテックスという素材を内蔵している牛革ビジネスシューズ。

このゴアテックスは防水・透湿性に優れた素材で、レインシューズやアウトドアウェアなどに使われるものでもあります。

水は弾き、しかも透湿性があるので蒸れない。
雨の多い日本には、最適の素材であると言えるでしょう。

【リーガル 全天候ビジネスシューズ】

こちらもゴアテックスを使用しているビジネスシューズ。

全天候、というだけあって、梅雨など雨の多い日も安心。

まとめ

革靴が雨の日にしみこむのは避けられないこと。

しかしきちんと対策を打てば、お気に入りの革靴に雨がしみこんでくるのを、いくらか防げるようになるはず。

もちろん、雨に濡れてしまった革靴のケアも忘れずに。

だけど一番のおすすめは、雨の日用の一足を見つけておくこと。

今の革靴を長持ちさせるためには、できるだけ雨に濡らさないのがベストです。

スポンサーリンク

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

靴のカビの落とし方 革靴やスニーカーはどうやって洗う?

靴箱と靴にカビが生えてしまったら…… 前回は「靴箱のカビ取り方法」についてご紹介しました。 今回はその続きとして「靴のカビ取り方法」をまとめてあります。 靴箱と靴のカビ退治、一気にやってしまいましょう …

下駄箱のカビ防止 湿気対策と靴箱の除湿グッズおすすめはこれ

湿度の高い梅雨や、高温多湿になりがちな夏場は、下駄箱の中にカビが生えやすい時期でもあります。 靴箱にカビができると、大切な靴にまでカビの胞子が付着して、靴がカビまみれ!なんてことも。 カビが生えたり、 …

靴箱と靴にカビが生えてしまったら 落とし方と掃除【靴箱編】

靴箱を開けたら、なんと靴箱と靴にカビが! 特に雨の多い梅雨の時期や夏にかけては、下駄箱内はカビが繁殖しやすい絶好の環境になってしまっているのです。 残念ながらできてしまった靴箱と靴のカビ。 これってど …

サンダルのかかとの浮き対策 固定するには?正しいサイズはどこで見る?

サンダルやミュールは夏の足元には欠かせません。 でもサンダルのかかとって、パカパカして浮いてきてしまうのが難点です。 歩きにくいし、靴ずれしやすくなってしまいますよね。 サンダルが浮くのはサイズが間違 …

靴が0.5cm小さい!これって足に影響ある?どうしても履きたいときは?

デパートのバーゲンで、通販で、ラスト1足の素敵な靴を発見! でもサイズが0.5cm小さい! 窮屈なのは足に悪そうだから諦めるべき? でも「靴は履いたら馴染む」とも聞くし、履いていたら何とかなる? 小さ …

最近のコメント