靴のカビの落とし方 革靴やスニーカーはどうやって洗う?

投稿日:2018年3月19日 更新日:

靴箱と靴にカビが生えてしまったら……

前回は「靴箱のカビ取り方法」についてご紹介しました。

今回はその続きとして「靴のカビ取り方法」をまとめてあります。

靴箱と靴のカビ退治、一気にやってしまいましょう。

靴のカビの落とし方

靴のカビの落とし方は、靴の種類によって異なってきます。

その前に、靴箱はカビ取り済みでしょうか?
靴箱と靴にカビが生えてしまったら 落とし方と掃除【靴箱編】

今回は後編、靴のカビの落とし方です。

では早速、靴のカビ取りにかかりましょう。

まずは天然素材なのでカビが生えやすい【革靴】のカビの落とし方をご紹介します。

革靴と言っても色々な種類がありますが、今回ご紹介するのは一般的なビジネスシューズやローファーなどの【スムースレザー】のカビ取り方法です。

革靴のカビ取り方法(スムースレザー)

⒈ 乾いた布で革靴についたカビを拭き取る
まずは乾いた布で、目に見えるカビを拭き取ります。

⒉ アルコール除菌スプレーで除菌
乾いた布に除菌スプレーを吹きかけて、細かい部分まできれいに拭いていきます。
決して直接、除菌スプレーを革靴にかけてはいけません。
色落ちしてしまう恐れがあります。

革靴専用のカビ除去用品もあるので、あればそちらのほうが安心でしょう。

⒊ 水拭きする
水をつけたらカビが増えるんじゃないの?と思われるでしょうが、あとできちんと乾燥させればOKです。
ただし革靴によって色落ちしやすいものなどもあるので、心配な場合はこの工程は外しても大丈夫。

ちなみに私だったら、ここで革靴を水洗いします。
革靴の手入れと雨の染み 濡れたレザーのアフターケア

絶対に革靴がダメージを受けないというわけではなく、きっちりケアしてあげないといけませんが、一応自力でも革靴のクリーニングは可能なので、できそうかなと思った人は試してみても良いと思います。

⒋ 革靴を乾燥させる
シューツリーがあれば最適ですが、なければ新聞紙を丸めたものを革靴の中に詰め込んで使用します。
風通しの良い場所で2~3日陰干ししてください。

⒌ いつものお手入れ
あとはいつもの革靴のお手入れです。
保湿のためにシュークリーム(靴クリーム)を塗り、防水スプレーで仕上げてください。

※防水スプレーのかけかたはこちら↓
革靴は雨でも大丈夫?防水スプレーの使い方と雨の日向きの革靴とは

革靴は安いものではありませんので、自力でカビ取りはちょっと勇気が要りますよね。
変にいじって悪化させるのではないかと不安な人は、無理せずに靴専門のクリーニングに出しましょう。

スエード靴のカビ取り方法

スエードは専用のシャンプーとブラシを使ってカビ取りします。

⒈ 皮革用カビ取りスプレーでカビを拭き取る
やわらかい布やコットンなどに、皮革用カビ取りスプレーや除菌スプレーを染み込ませます。
普通のクリーナーではスエードの毛がべたついてしまうので、必ずスプレーを使用すること。

⒉ 一度よく乾かす
完全に乾かしてください。

⒊ スエードシャンプーで汚れを落とす
スエードやヌバックなどの起毛の革靴は、専用のスエードシャンプーを使います。
細かい部分も丁寧に洗いましょう。

⒋ よく乾かす
水気と泡をしっかり拭き取り、乾かします。
スエードはやわらかくて型崩れしやすいので、シューツリーや新聞紙を丸めたもので形を整えてから干しましょう。

スポンサーリンク

⒌ ミンクオイルスプレーで革に栄養を与える
ミンクオイルスプレーを布に取って、革に染み込ませるように拭きます。
その後、乾かしてください。

⒍ スエードブラシで毛を起こす
寝てしまったスエードの毛を立たせます。
専用のスエードブラシを使用しましょう。

スエードはスムースレザーよりもちょっと扱いづらいかもしれません。
カビの程度によっては、プロでも完全な除去は難しいといいます。

スムースレザーもスエードもそうですが、素材が本革だとどうしても深くカビが入り込みやすく、カビの根が除去できないことも多いのです。

あまりにひどいカビでは、諦めざるを得ないかもしれません。

スニーカーのカビ取り方法(布製)

スニーカーにも色々種類があります。
なかには洗えない素材もありますが、布製なら大抵は洗えます。

色落ちしやすいスニーカーもあるので、これも不安な場合は靴専門クリーニングをおすすめします。

⒈ お湯に浸ける
バケツやたらいにお湯を入れ、そこにスニーカーを浸します。

⒉ 固形洗濯せっけんで洗う
せっけんをよく泡立て、靴用ブラシでカビ部分と靴全体をよく洗います。

⒊ 酵素系漂白剤をつける
お湯に酵素系漂白剤を混ぜて(使用量は使う漂白剤の裏面を確認)、ブラシで靴のカビ部分にこすりつけます。
1時間ほどそのまま放置。

漂白剤には塩素系と酵素系がありますが、靴のカビ取りに使用するのは酵素系にしましょう。
塩素系だと強力過ぎて色落ちの原因になります。

ただし酵素系を使用しても、元から色落ちしやすいスニーカーだと色が抜けないとも限りません。

⒋ お湯で洗い流す
スニーカーをお湯でよく洗い流します。

⒌ よく乾かす
風通しの良い日陰でしっかり乾燥させます。
段差のあるところに立てかけて、靴底からも風が当たるようにすると乾きやすいでしょう。

新聞紙を中に詰めると靴の中が乾きやすいですが、濡れた新聞紙をそのまま詰め込んでおかないように。
たまに新聞紙を交換してあげてください。

今まで洗って日に干しても靴が色あせしたことがない、という場合なら、日に当てても大丈夫かもしれません。

紫外線には強力な殺菌効果があるので、日干しできるのならそのほうが最適です。

どちらか分からない場合は、無難に陰干しにしておきましょう。

その他の靴のカビ取り注意点として……

合成皮革の靴もありますが、これは中性洗剤で水洗いできます。

布製の靴はスニーカー同様、水洗いできます。
しかしパンプスやサンダルなどは、ソールを濡らしてしまうと接着剤がはがれやすくなる場合もあります。

どんな種類にせよ「ちょっと手に余るな」というときには、専門の靴クリーニング業者にお願いしたほうが良いでしょう。



まとめ

靴箱と靴のカビは、できれば見たくないものですよね。

しかし放置しておくとカビは増え続け、大切な靴が使い物にならなくなってしまいます。

早めに靴と靴箱のカビを取り、充分なアフターケアをしておくことで、お気に入りの靴が復活するかもしれません。

そしてカビ予防の対策をしっかり取って、清潔ですっきりキレイな靴箱を維持しましょう。

スポンサーリンク

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

革靴の手入れと雨の染み 濡れたレザーのアフターケア

革靴が雨に濡れてしまったら、発生しやすい雨染み。 くっきりとした雨シミを見ると、もう履けなくなるのではないかと不安がよぎりますね。 雨に濡れてしみになってしまった革靴の手入れ方法。 雨シミになった革靴 …

靴箱と靴にカビが生えてしまったら 落とし方と掃除【靴箱編】

靴箱を開けたら、なんと靴箱と靴にカビが! 特に雨の多い梅雨の時期や夏にかけては、下駄箱内はカビが繁殖しやすい絶好の環境になってしまっているのです。 残念ながらできてしまった靴箱と靴のカビ。 これってど …

下駄箱のカビ防止 湿気対策と靴箱の除湿グッズおすすめはこれ

湿度の高い梅雨や、高温多湿になりがちな夏場は、下駄箱の中にカビが生えやすい時期でもあります。 靴箱にカビができると、大切な靴にまでカビの胞子が付着して、靴がカビまみれ!なんてことも。 カビが生えたり、 …

革靴に雨がしみこむ!濡れたときの対処法と雨天におすすめの靴

雨の日に、履いていた革靴に雨がしみこんでくる。 結構値の張る革靴だったのに。 まだそんなに使い込んでいないし、古くなっているわけでもないのに。 革靴に雨が滲み込んでしまうのには、理由があります。 濡れ …

靴が0.5cm小さい!これって足に影響ある?どうしても履きたいときは?

デパートのバーゲンで、通販で、ラスト1足の素敵な靴を発見! でもサイズが0.5cm小さい! 窮屈なのは足に悪そうだから諦めるべき? でも「靴は履いたら馴染む」とも聞くし、履いていたら何とかなる? 小さ …

最近のコメント