ダイエット

正月太りをリセット!短期集中ダイエットで元の体重に戻す方法

投稿日:2017年10月22日 更新日:

楽しく過ごした年末年始。

ふと気がつくと、なんだか体が重たいような……
もしかしてこれ、正月太りでしょうか?

食べたり飲んだりする機会が多い年末年始は、体重が増加しやすくなる時期でもあります。

ついてしまった脂肪を眺めて嘆いていても、なんの解決にもなりません!
正月太りをリセットする方法を、実践するのみです。

スポンサーリンク
  

正月太りのリセット法

正月太りのリセット法を知る前に、もはや薄々分かっているかもしれませんが、太ってしまった原因を知っておきましょう。

代表的な原因例は、下記のとおりではないでしょうか。

① 食べ過ぎ・飲み過ぎ

単純に食べ過ぎた。飲み過ぎた。
摂取カロリーが多かったの一言に尽きます。

宴会などが多い時期ですから、気をつけないとすぐにカロリーオーバーしてしまいますよね。

② 運動不足

正月休みは家でのんびりと過ごす、という方も多いことでしょう。
コタツでゴロゴロしながら、テレビを見て過ごすのは、お正月の楽しみでもあります。

しかしそれ、どう考えても太ります。

また、寒い時期ということもあり、あまり積極的に体を動かす気にはならないものです。
そうすると当然消費カロリーも少なく、ただ摂取カロリーだけが増えていく結果に。

とはいえたまには良いと思うのです。
せっかくのお正月、楽しく過ごしたいですからね。

ただし、短期間でついた脂肪は短期で落とすのが鉄則!
大体10日ほどを目安に、元の体重に落とすよう、頑張りましょう。

正月太りを解消する2つの方法

正月太りを解消するには食事が重要。
明らかなカロリーオーバーを自覚しているところでしょうから、まずはそこを見直していきましょう。

カロリーそんなに摂ったかな?なんて思っている方もいるかもしれませんが、恐らく結構摂っているはず。
お正月料理や寒い時期の料理は、濃い味つけのものが多いです。
口にしているもののカロリーが、高かったのかもしれませんよ。

自覚のないうちに口に食べ物を運んでいた、なんてコントのようですが、実際そんな場合もあります。

知らず知らず食事の量が増え、栄養バランスが偏っている可能性があります。
バランスの崩れた食事が原因での正月太りは、そこを正せば回復しやすくなるのです。

Step1 食事量は1週間でバランスを取る

たくさん食べた翌日に太った!なんてこと、ありませんよね。
食べたらすぐ脂肪に変わるわけではありません。

「でも、食べ過ぎた次の日には体重増えてるけど……」
という声も聞こえてきそうですが、それは恐らく【むくみ】です。
一時的に水分が溜まっているだけで、脂肪ではないのです。

食べたものが脂肪に変わるのはこれから。

スポンサーリンク

本格的に脂肪が身についてしまう前に、対策を取りましょう。

食事の栄養バランスは、1週間単位で考えるようにしてください。
なにも難しいことではありません。

食べ過ぎ・飲み過ぎた日の翌日は、食事量を抑える。
宴会のある前日は摂取カロリーを抑える。

など「その日1日」だけで見るのではなく、1週間ほど通して【摂取カロリー】を考えるというダイエット法です。

単純に「もう食べない」とか「今日は食事抜き」などと思わずに、1週間でバランスを取る方法なので、ストレスにもなりにくいし、自己管理能力も高くなります。

これが習慣になると、太りにくい体質にもなれますので、やっておいて損はありません。

Step2 体を動かす

人間生きているだけでカロリーを消費するとはいいますが、さすがに体を動かしていないと、消費されるカロリーにあまり期待はできません。

意を決して、運動しましょう。

運動というと拒否反応を示す人も少なくはありませんが、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

ショッピングでもなんでもいいので、外出する。
駅まで歩く。
出かける予定がなくても、散歩をするのもいいですね。

とにかく体を動かして、「よく歩く」ようにするとカロリー消費に最適です。

そのほかにも、日常生活でうまくカロリーを消費できる方法はたくさんあります。

電車では座らない。
階段を使う。
あえて遠くのコンビニに行く。
家中の雑巾がけをする。

などなど。
ちょっとしたことでカロリーを消費できるので、これも習慣化するといいでしょう。

正月太りダイエットはお早めに

正月太りダイエットは、早めに取りかかることをおすすめします。

なぜかと言うと、ついたばかりの脂肪は比較的カンタンに落ちやすいのですが、時間が経てば経つほど脂肪は硬くなり、落ちにくくなるからです。

これはどういうことかと言うと……

脂肪はついたばかりのとき、水分も多くやわらかいです。
【皮下脂肪】として、皮膚の下に脂肪は留まっています。

しかし時間が経つと共に水分量が減少し、硬くなるのです。
さらに時間が経った脂肪は、皮膚の下の筋肉にまで侵入しようとする場合も。

筋肉の組織の間に脂肪が入り込むと、スムーズに落とすのは難しくなります。

だからこそ、太ったな、と思ったら即行動!
ダイエットに取りかかるのが早ければ早いほど、成果も出やすくなるのです。

まとめ

楽しいお正月が終わっても、新年会などのイベント事も待ち構えていたり。
ダイエットしなきゃ!と思っていても、誘惑はたくさんありますよね。

でも、1週間~10日のスパンでバランスを取っていく方法ならば、それほどプレッシャーやストレスもなく、正月太りダイエットを続けられると思います。

スッキリとしたカラダで、新しい年を始めましょう!

スポンサーリンク

-ダイエット
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

最近のコメント