体のコリ

肩こりは冷えのせい?冬に悪化する痛みの原因5つと6つの対処法

投稿日:2017年10月23日 更新日:

冬になると肩こりがひどくなる方は多いものです。

寒いので体が知らず知らず縮こまって、体も硬くなりますから、無理のないことですよね。

しかしこの肩こり、このままガマンしているのはあまりにツライです。

そんなあなたのために、冬に悪化する肩こりなどの、体の痛みへの対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

肩こりは冷えから 冬に気をつけたいひどい肩こり

肩こりは冷えから来る場合が、冬にはやはり多いですね。

寒いから当然、体に力が入ってしまいます。
体に余分な力が入ると、主に首や肩などの筋肉が硬直します。
筋肉が硬くなると血行も悪くなります。

血行が悪くなると、疲労物質が溜まりやすく、さらに筋肉を硬直させます。

あなたの肩はガチガチに固まってはいませんか?

筋肉の過度な緊張状態が続くと、血管も押されて、血行はもっと悪化します。
そして血行不良がますます進み、ひどい痛みとなって肩や首、腰などに表れるというわけです。

まさに負のスパイラル。

また、肩こりのひどい方には冷え性さんが多いですが、冷えからくる肩こりでさらに冷える、なんてことも。

冷えで筋肉が固くなり血行不良になってしまうと、体の末端まで体内の熱が行き届きません。
そのため冷えも加速し、肩こりもひどくなってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

冬に肩こりが悪化する 冷え性体質は要注意

冬に肩こりが悪化する原因は、主に血行不良のためですが、この血行不良、日常のどんな場面で起こりがちなのでしょうか。

① 姿勢が悪い

やはり姿勢の悪さは問題です。
どうしても寒いと体を丸めがちですが、姿勢の悪さは悪循環の素になります。

また、同じ姿勢でずっと過ごしたりするのも、無自覚に肩こりを悪化させる原因になるので、注意が必要。

② 厚着のし過ぎ

寒いからといってたくさん着込んでしまうと、服の重みが肩にかかり、肩こりになることも。

外の寒さと室内の暖房との気温差に、うまく対応できない場合もあります。

暖房の利いた部屋でちょっとくらい暑く感じても、服を脱がないで汗をかく。
なんてことを続けていると、汗で体が冷えてしまいます。
そのため肩も凝りやすくなってしまうのです。

③ 運動不足

寒いから体を動かしたくない!という気持ちはわかりますが、動かないと血行不良は改善しません。
体もいつまでも温まらず、そうすると、さらに動きたくなくなります。
縮こまった肩は筋肉も硬くなり、肩こりをひどくしてしまう原因にも。

冬は運動不足になりがちな季節。
意識して体を動かしましょう。

④ 栄養が摂れていない

肩凝りに栄養が関係あるの?という声が聞こえてきそうですが、大ありです。

朝食を抜いたり、偏った食事をしていたりすると、栄養バランスが悪くなります。
するとうまくエネルギーを作れず、体温が上昇しづらくなってしまいます。

結果、冷えからくる肩こりに悩まされがちになってしまうことも。

⑤ 冷たい飲み物やアルコール摂取

スポンサーリンク

冷たい飲み物はやめておきましょう。
体を冷やし、肩こりを誘発します。

お酒は体を温めそうですが、体内でアルコールを分解するには水分が必要です。
よって体のなかは水分不足になりがちに。
加えてアルコールには利尿作用もありますので、さらなる水分不足になりかねません。

水分不足は血行を悪くします。
冷えに繋がってしまうので、肩こりもひどくさせる可能性があります。

冬の肩こりを解消しよう

冬の肩こりを解消するには、次のことに気をつければ、かなり楽になるはずです。

① 姿勢を正す

寒いからと体を丸めないよう気をつけましょう。
姿勢を正し、肩や背中に力が入らないようにしてください。

② 重たい服は着ない

インナーを保温性・保湿性の高いものに変え、可能な限り軽い服を着るようにします。
重いコートではなく、ダウンジャケットに変えるなど、工夫して身軽にしてみてくださいね。

特に腕周り、アームホールの狭い服は、肩や腕を動きにくくしてしまうので、やめておいたほうが良さそうです。

③ とにかく動く

寒がっているだけでは体は温まりません。
ウオーキングやストレッチなど、できるだけ体を動かして、血流を良くしてください。

腕をぐるぐる回すストレッチは、肩のこりを解消するのに最適です。

④ 朝食を摂る

朝食抜きの方も多いとは思いますが、朝食は体温を上げます。
低体温の人は冷えに敏感ですから、特にしっかりと朝食を摂るようにしてくださいね。

⑤ 温かい飲み物を飲む

冷たいものはやはり体内を冷やしますので、肩こりの人にはおススメできません。
冷えからくる肩凝りには、温かい飲み物が最適です。

⑥ 栄養バランスに気をつける

栄養バランスに気をつけた食事を心がけてください。
例えばダイエットなどで野菜しか食べない、なんてことはやめましょう。
タンパク質や糖質がきちんと取れていないと、エネルギーはうまく出ません。

栄養バランスが偏っているせいで体がうまく熱を出せず、冷えてしまうこともあるのです。

冬の肩こりはほぼ冷えからきますから、体を冷やすバランスの悪い食事はNG。
体を温めるために、いろんな栄養素を摂るようにしてください。



まとめ

冬に肩こりは本当につらいものです。
首や背中も痛くて張ったようになるし、頭痛まですることもありますよね。

つらいからこそ、一刻も早く冬の肩こり解消法を実践して、すっきりとした痛みのない体を手に入れたいものですね。

ただし、あまりにひどい肩こりが長く続くようなら、早めに病院を受診されたほうがいいです。
無理はしないでくださいね。

あなたの肩コリが、早く良くなりますように。

スポンサーリンク

-体のコリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寝起きの肩こりは枕のせい?考えられる原因6つと5つの解消法

朝起きると肩が痛い状態が続いている。 寝起きの肩こり・首こり・頭痛は毎日で、寝ても全然疲れが取れない。 そういう悩みをよく耳にします。 毎朝のように肩凝りに悩まされている状況だと、睡眠を取っても慢性的 …

最近のコメント