旅行

実家に帰省する交通費が悩ましい 負担が大きい費用を節約するには

投稿日:

実家や義実家に帰省するのは良いけれど、正直交通費がバカにならない。

車や電車で気軽に行ける距離ならまだ良いのです。

しかし新幹線や飛行機に乗らないと行けない距離に、実家や義実家があるとなると話は別。

どうしても結構な交通費がかかってしまうのは否めません。

実家に帰省するのに、負担の大きな「交通費」を節約するためにはどうすれば良いのか。

帰省にかかる費用の節約術をまとめました。

スポンサーリンク
  

実家に帰省する交通費が大きい

実家に帰省する交通費は、距離によっては相当かかる場合がありますよね。

管理人の知人は、遠距離の実家へとお盆と正月に帰省しています。
その際の交通費は、夫婦と幼児2人で往復9万円かかるそうです。

お盆と正月、年に2回の帰省だとしたら、交通費だけで年間18万円の出費ということ。

また別の知人は海外住みのため、夫婦2人で40~50万は軽くかかると話していました。

車で気軽に帰省できる距離なら良いのですが、実家が遠方だとどうしても交通費が大きくなります。

子どもが増えればさらに交通費も増えるのだから、帰省費用の捻出も難しくなってきてしまうケースもあるのではないでしょうか。

帰省の費用は負担になる

帰省の費用を負担に感じてしまうのは否めないですよね。

無理して帰省して、義実家ではやっぱりいくらか気疲れしてしまうし。

できれば帰省の回数を減らしたい。
でも両親に家族の元気な顔も見せておきたい。

帰省費用を親に負担してもらうという人もいましたが、それもケースバイケース。
自分たちと実家側と双方円満なら構わないと思います。

しかし帰省費用ですから、極力自分たちで賄いたいもの。

そのためには計画性が必要です。

夏のボーナスが入ったから、冬のボーナスが入ったからと、里帰りの費用にボーナスを充てる家庭がほとんどではないでしょうか?

ボーナスを充てるのは良いのですが、そればかりだとお金が入ってすぐ消えていくようで虚しく感じる場合もあるようです。
実家・義実家への義理で、仕方なく帰省している感が強くなってしまうと、せっかく帰郷しても心から楽しむことができません。

そこで、年に2回の遠方の実家への帰省を毎年続けている知人に、帰省費用の捻出方法を聞いてみました。

帰省の費用を節約する方法

帰省の費用を節約するには、計画性が重要なのです。

スポンサーリンク

帰省前の数か月前から……ではなく、帰省費用は年間の予算として考えます。
短期的に見るのではなく、長期的に予算を捉えるのです。

【夫婦+子ども2人家族の知人のケース】

・帰省費用が1回につき往復9万円
・帰省費用にボーナスは使わない

年に2回の帰省費用は往復で18万円

往復18万円=1ヶ月換算で15,000円

18万円と聞くと大きい額に思えますが、月にすると15,000円ほど。
これを毎月の収入から貯めておきます。

帰省はやるべきことと割り切って考え、年間の予算として交通費を準備しておきます。

予定に組み込まれていることなので、飛行機や新幹線などといった交通機関の予約も早めに取ることができますよね。

チケットは早割でGET。
早期購入で割引価格になるものは早めに獲得しておきましょう。

たったこれだけでも、交通費はかなり抑えられます。

また、ボーナスに手をつけていないことで気持ち的にも余裕を生みます。

月々に少しずつ、帰省するときの交通費を貯めておくことで、ボーナスは貯蓄や資産運用に回すことも可能です。

別の家族の場合も見てみましょう。

【夫婦+子ども1人家族の知人のケース】

・帰省費用は往復で約10万円
・帰省するのは年に1~2回

年に2回必ず帰省するわけではなくて、帰れるときに帰るというスタンス。

お盆や年末年始などのハイシーズンに帰省するのではなく、有給を取って平日に帰省したりして交通費が安くなる時期を狙う。

旦那さんと子どもだけが帰省することもあれば、奥さんと子どものみで帰省することも。

また帰省しないときは、逆に両親を家に呼んだりすることもある。

行けるときに行く、という感じなので、義理で帰省するという義務感がなく気も楽になりますね。

平日などのチケットが安いところを狙って買うだけで、かなりの節約になるはずです。

まとめ

帰省にかかる交通費はうまく捻出しないと、家計を逼迫させてしまう原因にもなりかねません。

・帰省を年間の予定として計画を立てる
・早割でチケットを獲得する
・ハイシーズンから帰省時期をずらす

これらのアイデアをうまく活用して、今後の帰省費用を上手に節約していきましょう。

スポンサーリンク

-旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

帰省での赤ちゃんの布団 寝る場所はどうする?代用できるものは?

実家や義実家に帰省するときに、ちょっと心配なのが赤ちゃんのおふとん。 赤ちゃんがいつも使っている布団を持って行くべき? 車なら持ち運びもできますが、電車・新幹線・飛行機などを使っての帰省だと、かさばっ …

帰省しても部屋がない!実家に泊まらずホテルに泊まるのはあり?

帰省シーズンになると憂鬱になる、という人も少なくはありません。 理由はいくつかあるけれど、実家に帰省しても泊まれるような部屋がない、というケースもありますよね。 帰省してもくつろげる部屋がなければ、と …

旅行の荷物をコンパクトに パッキング術と旅行時の服のセレクト術

旅行日数が8日間を越すと、どんどん増えてしまいがちなのが荷物です。 あれもこれも要るもののような気がしてきて、置いていくのが不安になったり。 でも全部詰め込んだら、スーツケースがパンパンで余裕がない! …

最近のコメント