汗対策

汗っかきのおしゃれはどうすればいい?汗染みが目立つ色と素材はこれ

投稿日:

おしゃれをしたいのはやまやまだけど、夏は汗染みがどうしても気になります。

脇汗や背中の広範囲に出る汗の染み。
やっぱり気になりますよね。

あの服を着たいけど、汗かいちゃうと目立ってしまうから……
汗っかきだから夏の服選びが難しい……

そんな汗っかきさんの夏のおしゃれを応援するために、汗染みのできにくい対策、服の色や素材の豆知識をまとめました。

スポンサーリンク
  

汗っかきだからおしゃれできない!

汗っかきだからおしゃれができないなんてことはありません。

確かに汗染みのことを考えれば、着られる服の幅が狭くなるような気分になりますが。
でもちょっとした工夫で、服につく汗を減らすことは可能なのです。

真夏の汗対策として非常に使えるアイテムがあります。
それは「インナー」。

インナーを重ね着して、まずは肌に直接触れているインナーに汗を吸ってもらいます。

上に着ているトップスに汗が染み込むのを、防ぐのが目的です。

「ただでさえ暑いのに、その上インナーを着たら汗だくだくになっちゃう」
「インナーはちゃんと着ているけど、汗染みができる」
「ベタベタするからインナーを着るのは好きじゃない」

という声もあるかもしれませんね。

しかしそれは「インナーの選び方」に問題があるせいかも。

汗っかきさんが着るべきなのは「吸湿速乾の機能性インナー」。

綿は汗を吸います。
吸湿性があるので、綿の下着やインナーを着ているとすぐに汗を吸い、吸ったそばから服の上にしみ出してきます。

その点、化繊は汗を吸わず、服の表面にまで汗を染みださせることはあまりありません。
そうするとインナーの中が汗に濡れたままで不快ですが、吸湿速乾を謳っている機能性インナーであれば、適度に汗を吸い、また乾くのも早くなります。

最近の機能性インナーは重ね着して暑い、ということも少なく、むしろ肌触りが常にドライで心地良いものです。

着る服のデザインにもよりますが脇汗の染みを防ぐには、脇までしっかりカバーできる袖のあるインナーがおすすめです。

ノースリーブのインナーにも「脇汗取り」がついているものはありますが、汗っかきさんには小さくてちょっと心許ないかも。
服からはみ出さない程度の袖があるインナーのほうが、着ていて安心感はあります。

汗が目立つ色って何色?

汗が目立つ色というものもありますよね。

● ライトグレー
● カーキ
● ベージュ
● ブルー

など、汗が染みたときに地の色との差がつきやすい色は、どうしても目についてしまいます。

ということは、汗が染みても地の色との差がつきにくい色であれば、汗染みができても目立ちにくいということ。

汗染みが目立ちにくい色は

● 紺/ネイビー
● 黒
● 白

元の色が暗い紺や黒の服は、汗が染みても色の変化にほとんど差がありません。

スポンサーリンク

白も汗染みが目立ちにくい色です。
汗が染みても色の変化が分かりにくいですよね。

しかし白は逆に黄ばみが目立つこともあるので、お手入れには注意したいところです。

汗が目立つ素材とは

汗が目立つ素材もあります。
それは「吸水性の高い素材」。

代表的な素材は「綿」。
よく汗を吸いますが乾くのは遅いので、いつまでも汗染みが消えないことに。

またリネンも汗を吸いますが、こちらは速乾性もあります。
しかし汗を吸うとゴワゴワしがちなので、快適とはいえません。

肌触りの良いシルクも汗を吸う素材。
汗や水に弱く色落ちしやすいので、暑い夏の汗っかきさんにはおすすめしません。

では逆に、汗染みの目立ちにくい素材や生地にはどんなものがあるのでしょうか。

● ポリエステル
汗を吸わないので汗染みはできにくいです。
優秀なのがその速乾性。
濡れてもすぐに乾くので、汗もあまり気になりません。

● サテン
ツルっとした肌触りのサテンは光をよく反射し、汗染みを目立たなくさせる生地です。
汗は吸いませんが速乾性があります。

● シフォン
シフォンはサラサラした触り心地。
汗を吸わず、汗染みも目立ちにくいです。

● メッシュ
スポーツ用のTシャツやインナーなどでよく見かけるメッシュ素材。
通気性もよく、すぐ乾き、もちろん汗染みは目立ちにくいです。

汗染みを目立たせたくないのなら、汗を吸う素材の服を選ばないことです。

「それはそうだろうけど、やっぱり着る服の幅が狭まってしまう」
と思われるかもしれませんね。

そんなときは柄の入った服を選ぶのもアリです。

例えば汗染みの目立ちやすい綿素材のブルーのTシャツ。
これが白とブルーのボーダー柄だったら……汗染みが途端に目立ちにくくなりますよね。

綿だからダメ。
この色は汗が目立つ。
と一概に決めつけることもありません。

汗が目立つ色だったら、目立ちにくい色と組み合わされた柄の服を選べば、思ったより汗染みが目立たないことも多々あります。

また、デザインも重要。

汗染みが目立たない服は、体のラインのあまり出ないフワッとしたデザインのものが良いでしょう。
服が体にぴったりくっついていると、汗もすぐに滲んでしまいますよね。

フワッとしたデザインの服は、風の通りも良く快適です。

まとめ

汗っかきだからといっておしゃれを諦める必要はありません。

好きなおしゃれも楽しめず、夏の間はダークカラーの服ばかりなんて嫌ですよね。

暑い日が続いても、お気に入りの服で気分よく過ごしたいもの。

夏のおしゃれを心ゆくまで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

-汗対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

顔の汗が夏にひどい!汗をかかない方法と夏の化粧直しのポイント

暑い夏になると気になるのが汗。 ダラダラと顔に流れる汗は不快だし、メイクだって崩れてしまいます。 暑くてもできるだけ顔に汗をかかない方法。 また、夏の化粧直しのポイントについてまとめました。 夏の顔汗 …

夏の靴の汗が気になる じっとりソールの手入れとシューズの汗対策

夏には汗をかきやすいもの。 もちろん足の裏にも汗はかいてしまいますよね。 足に汗をかきやすく、靴の中が蒸れてしまったり。 インソールが汗で濡れて滑りやすくなったり。 足の汗による靴の臭いも気になります …

汗臭いときの応急処置 外出先で服の臭いの消し方と菌の復活を防ぐ洗濯術

外出先で汗だくに。 服は汗でぐっしょり。 気になるけれど、まだ帰るわけにはいかないし。 でもこのままでは汗臭くなりそう。 そんなときのために、服についた汗の臭いを軽減させる応急処置と、再度汗の臭いを復 …

服の汗を早く乾かすには 気になる汗と汗染み対策で夏も快適に

夏はちょっと外を歩いただけでも汗が滲みます。 ふと気づけば、脇にも背中にも胸にも大量の汗がふき出ていて、着ている服が汗でビショビショ!なんてことも。 見られるとちょっと恥ずかしい脇汗や背中の汗染み。 …

最近のコメント